デフ・レパード、殿堂入りのプレゼンターはブライアン・メイ?

twitterツイート

今年、ロックの殿堂入りするデフ・レパードのメンバー、ヴィヴィアン・キャンベル(G)が、来月開かれるセレモニーで彼らのプレゼンターを務める人物について語った。ブライアン・メイ「かもね」とも、ほのめかした。

◆ヴィヴィアン・キャンベル画像

キャンベルは、米アリゾナのラジオ局96.1 KLPXのインタビューでプレゼンターについて問われると、こう話した。「噂は聞いてるよ。誰だか見当つけるのは結構簡単なんじゃないかな。このバンドの大ファンであるジェントルマンで、何十年にも渡りこのバンドの友人だ。本当に聡明な人だ」

そして、DJがクイーンのギタリスト、ブライアン・メイの名前を挙げると、「そうなるかもね」と答えた。

プレゼンターに関して、バンド・メイトのフィル・コリン(G)は昨年終わり、「明らかに相応しい人がいるし、俺らはそれを気に入っている。でも(個人的には)クイーンのブライアン・メイだったら素晴らしいなって思う」と話していた。

ロックの殿堂のセレモニーは3月29日にニューヨークで開催。デフ・レパード、ザ・キュアー、ジャネット・ジャクソン、スティーヴィー・ニックス、レディオヘッド、ロキシー・ミュージック、ゾンビーズが殿堂入りする。

デフ・レパードは現メンバーのリック・アレン(Ds)、ヴィヴィアン・キャンベル(G)、フィル・コリン(G)、ジョー・エリオット(Vo)、リック・サヴェージ(B)に加え、元メンバーの故スティーヴ・クラーク(G)とピート・ウィリス(G)が殿堂入りする。

Ako Suzuki

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報