【インタビュー】YOU(足立祐二)「久しぶりにヤル気モード、DEAD ENDもやりますよ」

twitterツイート

DEAD ENDのギタリストであり、数々のバンド経験やセッションと並行してソロ活動も行っているYOU(足立祐二)が、4作目となるソロ・アルバム『ANDROMEDIA』を3月13日にリリースする。

長きにわたって絶品の音色とフレージングで多くのリスナーを魅了し、ミュージシャンズ・ミュージシャンとして多くのギタリストから多大なるリスペクトを受け続けているYOUが放つ新作インストゥルメンタル・アルバムとはどういうものか、話を聞いた。

──ソロ・アルバムとしては6年ぶりですね。

YOU:発売日が何度かずれてね、最初は2018年10月を予定していたんですけど、それが今年の1月になり3月になり。だから発売に至って本当に良かった。僕の作業の遅れもあってレコード会社の方も「本当に出るのかな?」って心配やったと思うんです(笑)。ホッとしてますよ。

──アルバム制作の話はいつ頃からあったのですか?

YOU:3年くらい前だね。その打ち合わせの時に、「以前にやっていたTERRA ROSAが実はちょっと復活して、東名阪でライブをやる」という話を何気なしにしたら、レコード会社が「TERRA ROSAと言えばウチじゃないですか。なぜ、その話をうちが知らないんですか」って事になり(笑)。再結成でもないし「久しぶりに何かやろうかな?」くらいの軽い感じだったんだけど、「ライブ・レコーディングをして、是非ライブ盤を出しましょう」という事になって、ソロ・アルバムの前にTERRA ROSAのライブ盤のリリースが先になったんです。

──『ANDROMEDIA』はどのような作品になりましたか?

YOU:DEAD ENDもソロも特に差別化はないんだけど、ジャケットについて言えば『You's Alien』『Maniac Love Station』と『ANDROMEDIA』の3枚は3部作なの。楽曲とかアルバムがトータル・コンセプトになってるわけではなくて、あくまでもジャケットの話ですけど。

──たしかに3枚とも宇宙な感じですね。

YOU:そう、『You's Alien』のジャケットはカプセルのギターが飛び出して行くもので、『Maniac Love Station』は、Maniac Love Stationという名の母船がアンドロメディア星にたどり着いたって事なの。でもそこは、自分が求めていた世界ではなくて荒廃していて。僕は、このアルバムで3部作を完結する予定だったんですけど、まだ荒廃した世界だったので、話は続きそうなんですよね。

──では、次の作品もまたあるわけですね?

YOU:僕は次もすぐに作りたいですね、曲はたくさんあります。

──それは楽しみですね。今回の参加プレイヤーはどういうメンバーですか?

YOU:ドラムのANNIE(菊地英二 / THE YELLOW MONKEY)は10年くらい前に、河村隆一くんの仕事を一緒にやっていたドラマーです。凄く仲良しになって、「ちょっとライブやってみる?」って実際にライブをやってみたらやっぱり面白くて良いドラマーでした。長谷川くん(長谷川淳 / GERARD , DED CHAPLIN)は、凄くいいベース・プレイヤーだからANNIEに紹介して「この3人でちょっとやってみる?」から、よくライブをやるようになった。日常的にライブをやってる3人だから、自然でバンドっぽいかなと思ってますよ。

──インストなので歌詞はありませんが、曲のタイトルはどのようにして考えるのでしょうか。


YOU:僕はね、タイトルを先につけるんですよ。どの曲にもストーリーがあるので、例えば1曲目「GREEN GREEN」だと、4コマくらいの絵コンテを紙に書いてみるの。その簡単な絵を見て、自分の頭に絵が浮かんで音をつける。そういう作業を全曲でやるんです。

──変わった作り方ですね。

YOU:そうですね、普通は歌詞にちなんだりするけど、僕の場合はイメージで。「GREEN GREEN」だと森を守る精霊みたいなものの話で。そこにサウンドトラックのように音をつける作業だから、まずはタイトルが必要な訳です。映画も最初にタイトルをつけると思うんですけど、それに近いかもしれない。

──曲が持っているストーリーは、アルバムのブックレットにも書かれていますか?

YOU:書いてあります。インストゥルメンタルってリスナーが100人いたら100通りの解釈があるかもしれないけど、全曲解説しているから、それを見てもらえればまた聴き方も変わるかもしれない。

──これまでもソロ作品ではセルフカヴァーが収録されてきましたが、今作はDEAD END「PROMISED LAND」を選んだんですね。

YOU:DEAD ENDの曲を久しぶりに聴いてみたら、真っ先にメロディーが浮かんだので、その場で曲を止めてメロディーを書き出しました。歌がある曲なのに歌メロを全く無視して作ったので楽しかったですよ。MORRIEはちょっと怒るかもしれないけど(笑)。

──今回機材に関してこだわった部分は?

YOU:今回はそれが全くなくて、家で使っているシステムをそのまんま使ったんです。今回はこれで録ろうと決めていたので、他には試さずそのままプレイしました。

──ギタリストのインスト作品にもかかわらず、あまりカッティング・プレイがないように思うのですが、意識していますか?

YOU:うん、そうかもしれないですね。ありがちな事はしたくなくて独特なものをやりたいですからね。カッティングをすると音楽が限定されるというか、コード進行によってはそれを入れるとファンク・ミュージックになったりするし、あまり特徴的な事をやると自分が思っている世界ではないものが浮き出てしまうかもしれない。カッティングはやらないようにしてるとかは全然ないんですけど、モロにブルースとかモロにカッティングとかは自然にやらない様にしてるかもです。

──以前の作品では、ソロはアドリブとのことでしたが、今回は?

YOU:実は全曲ほぼ同じデモ・テープがあるんです。アレンジもほぼ一緒。そのデモ・テープの段階で弾いているものがアドリブなので、それをそのまま踏襲するものもたくさんありますし、大きく変える事もあります。そのままプレイする時は、それをコピーするわけ。「これちゃんとキメソロなんでしょ?」ってよく言われるけど(笑)、アドリブでもちゃんと構成されているフレーズを弾きたいと思っています。

──フレーズ自体はアドリブで出てきたものなんですね。

YOU:基本的に、デモの時にアドリブで2回弾いて良い方を採用する。なぜ2回なのかと言うと、それ以上弾いて良かった試しがないから。トライするたびにクオリティがあがるわけでもないし、回数を決めないとキリがないですからね。2回なら「欲が出る前にどっちかに決めないといけない」…そういう緊張感の方が大切なんです。



──『ANDROMEDIA』のリリースと同時に、JESUSのデモ・テープ音源も同時に初CD化となりますね。

YOU:「SAHARA」という曲を新たにレコーディングしてるんだけど、もともと19歳の時にお蔵入りになった曲なんです。メンバーに「こんな曲あるねん」って言う前にバンドを脱退してしまったので、発表する機会がないまま眠っていた作品なんですけど、今回のボーナス・トラックとしてはベスト・タイミングかなと。曲はそのままにアレンジをし直しました。最初はギターだけ弾いてベースとドラムは打ち込みのつもりだったけど、やっぱり1曲だけ打ち込みっておかしいなと思って、当時のベースのLEOに弾いてもらったんです。結局ドラムもちゃんと入れないとって事になって、ドラムも録り直しました。

──これを聴くと、当時からYOUの世界が確立していたことがわかりますね。

YOU:いやー全然子供の頃ですし、プレイヤーとしてもめちゃくちゃ未熟で恥ずかしいくらい(笑)。今はデビューが遅いけど、僕らの頃はみんな早くてね、当時は30代でインディーズで音楽をやっている人はいなかった世代なんですよね。

──今後、ツアーの予定などは?

YOU:ANNIEがツアー中で忙しいけど、メンバーのスケジュールが落ち着いたらプロモーションを兼ねてツアーに出たいと思ってます。

──DEAD ENDの再始動の可能性はどうですか?

YOU:これね、よく訊かれるんだけど、MORRIEが「DEAD ENDはYOUちゃん次第や」って言っていると言われるんですけど…その通りです(笑)。実はこの後にアコースティック・アルバムをソロ名義で作る予定なんですけど、それが終わったら本気出してDEAD ENDをやりますよ。

──本当ですか?2019年はいい年になりますね。

YOU:1年に3枚アルバムを出せたら幸せだよね。アコースティックの前に、DEAD ENDの何かが動き始めているのが僕の理想ですね。久しぶりにヤル気モードで、勝手に決めてるんですけどシングル3連発。誰が何と言ってもシングル3連発で、そのシングル曲はアルバムには入らない。シングル2曲で3枚出すと6曲でしょ?あと4曲あればアルバムになるけど、それはしないでもっと上を目指します。もし、MORRIEに会う機会があったら「ヤル気出してた」って言っておいて(笑)。COOL JOEとは彼のイベントが夏にあって2019年もやるから、その勢いでDEAD ENDもできたらいいな。

──それはファンは狂喜ですね。

YOU:バンドの意思ではなくて、僕がそう思っているだけですけど、僕もメンバーだし(笑)嘘はないですよ。そうできたらいいな。

──本当に楽しみにしています。

YOU:ソロ・ツアーでも是非会場に足を運んでいただきたいです。インストって特殊な音楽ですけど、3人のサウンドを聴いて欲しいですね。その上で、「DEAD ENDやるみたいよ?」と、常に次への転がりをして行きたい。今まで以上にやって行きたいので一緒に転がって行きましょう。

取材・文:Sweeet Rock / Aki


YOU『ANDROMEDIA(アンドロメディア)』
CD
1.GREEN GREEN
2.天使の誘惑
3.WORRY RAT
4.MY SUN
5.PROMISED LAND
6.LOVELY MONSTER
7.見えない女
8.MAGICAL ARMS EPISODE 1
9.MAGICAL ARMS EPISODE 2
10.MAGICAL ARMS EPISODE 3
11.CHERRY & BLACK
12.HELL APPLE

配信限定(デラックス・ヴァージョン)
1.MAGICAL ARMS EPISODE 1
2.MAGICAL ARMS EPISODE 2
3.MAGICAL ARMS EPISODE 3
4.PROMISED LAND
5.ROCK 'N' ROLL RAIN
6.MY SUN
7.DUEL
8.WORRY RAT
9.LOVELY MONSTER
10.CHERRY & BLACK
11.天使の誘惑
12.見えない女
13.GREEN GREEN
14.HELL APPLE

メンバー
・YOU(Guitar)
・長谷川 淳(Bass)
・菊地 英二(Drums)from THE YELLOW MONKEY
スペシャル・ゲスト
・YUKARIE(Sax)
・Kelly SIMONZ(Guitar)
・村中 俊之(Cello)
・kiyo(Keyboards)
・HIRO(Guitar)


JESUS『LE DERNIER SLOW(リ・ダニア・スロウ)』
1.SAHARA(NEW RECORDING)*
2.THE SHINE OF FOREVER
3.SHADOW OF HEART
4.こわれた時が…
5.FAREWELL
6.DARK QUARTERS
7.LAST NIGHT(LIVE)*
8.こわれた時が・・・(LIVE)*
9.FAREWELL(LIVE)*
10.THE SHINE OF FOREVER(LIVE)*
*BONUS TRACKS

メンバー
・ROZA(Vocal)
・YOU(Guitar)
・LEO(Bass)
・HOSSON(Drums)
参加ミュージシャン
・Takeo Shimoda(Drums)*M1
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報