アーケイド・ファイアの音楽をフィーチャーした『ダンボ』実写版の予告編公開

ツイート

ディズニーが、アーケイド・ファイアの音楽をフィーチャーした実写版『ダンボ』の予告編を公開した。

◆予告動画、アーケイド・ファイア画像

アーケイド・ファイアは、1941年公開のアニメーション映画で挿入された曲の1つ「Baby Mine(邦題:私の赤ちゃん)」をカバーした。

ディズニーの公式Twitterは日曜日(3月3日)、「アーケイド・ファイアによりレコーディングされた“Baby Mine”の新ヴァージョンをフィーチャーした#Dumboのプレビューを見て」とつぶやいた。


「Baby Mine」は、すでにノルウェーの女性シンガー、Auroraのヴァージョンも公開されている。オリジナルのアニメーション映画『ダンボ』の音楽(フランク・チャーチル&オリヴァー・ウォーレス作)は、1942年、第14回アカデミー賞で作曲賞(ミュージカル映画音楽賞)を受賞した。

『ダンボ』の実写映画は、コリン・ファレル、マイケル・キートン、ダニー・デヴィート、ニコ・パーカー、フィンリー・ホビンスらが出演し、『ビートルジュース』『バットマン』『チャーリーとチョコレート工場』などを手掛けたティム・バートンが監督。アメリカと同じく日本でも3月29日から劇場公開される。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報