【インタビュー】DISH//×あいみょん「だんだん大人の歌詞になっていくのは自然かなって」

ツイート

DISH//による『Junkfood Junction』先行配信シングル3部作も、いよいよ第三弾「へんてこ」で完結。本作で詞曲提供を行なったのはあいみょん。DISH//には約1年7ヶ月ぶりの提供となったが、インタビューではDISH//メンバーと同世代のあいみょんだからこそ捉えられる、“成長”をとらえた目線が印象的だ。「へんてこ」をひっさげ、初の対バンも決定した両者に話を訊いた。

◆DISH// 画像

■中学3年生の時に初めてあいみょんを知ったんですよね。自分のやりたいことをずっと貫き通してる(矢部昌暉)
■私にとっては……弟みたいな感じですかね。曲を提供する分にあたっては、相性がいいのかなって勝手に思ってます。 (あいみょん)



▲あいみょん

——お互いにとってはどんな存在になっていますか?

北村:あいみょんの音楽をDISH//の中で最初に広めたのは昌暉なんですよ。タイに行った時に、「貴方解剖純愛歌〜死ね〜」を聴かせてくれたんですけど、みんながどハマりして。そのあと、『tamago』っていうアルバムを聴いて、またどハマりして。そのあとで、最初の楽曲提供をお願いする流れでした。

矢部:僕が中学3年生の時に初めてあいみょんを知ったんですよね。昔から自分のやりたいことをちゃんとやってたし、メジャーデビューされてからもずっと貫き通してるところがすごくいいなと思って。名前がたくさんの人に知られるようになってからも、自分のやりたい音楽をやり続けていてカッコいいなって尊敬しています。元々「いいな。好きだな」って思ってた人に楽曲提供して頂けるのは嬉しいことですね。

橘:紅白に出たり、こんなに大きな話題になる少し前にNACK5の僕のレギュラー番組にゲストで出演して頂いて。その時から今も変わらず、すごくフラットでいてくれるんですよね。だから、いつでも接しやすいし、僕は唯一の同い年として、刺激を受けることも多いです。

泉:あいみょんの事が好きな人が周りに多いので、「曲を提供してもらっていいな」ってよく言われるんですよ。あいみょんに曲を書いてもらって、僕たちが演奏することが、いい意味でのプレッシャーにもなってます。

北村:「猫」を提供してもらう前に、「君の膵臓をたべたい」の試写会に招待させてもらって。「猫」は「キミスイ」にインスパイアされて書いてもらった曲なんですよ。あいみょんは、舞台や映画も好きで、良く観る方なので。そういう経緯もあって、DISH//に興味を持ってもらえたのかもしれないし、歌っていても、僕自身にすごく染み渡る曲になってて。アーティストとしてはもちろん先輩ですけど、いろんな方面でお互いに刺激しあっているし、身近なすごい人っていう感じです。

あいみょん:もっとすごい人を見てきてるやろ(笑)。私にとっては……弟みたいな感じですかね。作家として曲を提供する分にあたっては、相性がいいのかなって勝手に思ってます。

北村:以前、あいみょん が「私の曲が一番ハマるグループはDISH//だ」って話してたことがあって。DISH//としてもすごくハマってるし、相性がいいのかなって思いますね。

あいみょん:お互いにそう思えるのは嬉しいですね。今後もお願いします!(笑) 

——(笑)あいみょん が楽曲提供したバラード「猫」は、10thシングル「僕たちがやりました」(’17年8月16日発売)のカップリングに収録されてました。

あいみょん:匠海くんとは元から交流があったので、匠海くんがメインヴォーカルで歌うならっていう想像だけですぐに描けるんです。「猫」の時は北村匠海という人間寄りに書こうかなって考えてて。当時はまだ19歳だったから、男の子と男性の間な感じがしたんですねよ。これからだんだんと大人の男性に向かっていくっていうタイミングだったので、それをうまいこと表現できたらなって思ってました。

▲矢部 昌暉

矢部:それが今では、DISH//をあんまり知らない人でも知ってる人がいる人気の曲になってて。

泉:「猫」が好きっていう人が本当に多いよね。あいみょんの影響が少なからず出てると思う。

橘:誰に聴いても好きっていう人が多くて。僕自身もあいみょんが作ってくれた曲を匠海が歌うのが似合うなと思ってて。「猫」は一番のAメロと2番のAメロの歌詞が一緒なんですけど、全く違う感じに歌ってる匠海もすごいなと思うし、ライブでやるたびに、俺ららしさとあいみょんのスパイスが相まって、どんどん映える曲になっていって。この間、中国の上海でワンマンライブをやった時も、どこで知ったんだろうって思うくらい、「猫」でお客さんがわいてたんですよね。

あいみょん:「中国でもめっちゃ人気あった」って聞いて、え? 嘘!? ってびっくりしました(笑)。

北村:ライブしてきた中で、一番歌っている最中に泣いた数が多い曲でもありますね。僕はあいみょんの曲の温かさが好きなんですよ。あいみょんのメジャー1枚目のシングル「生きていたんだよな」の時に、コメントを頼まれて書かせてもらったんですけど、あいみょんの曲に、生温かさや人間味を感じてて。だから、歌ってても感情が乗るし、泣ける。歌を歌ってるというよりは、いつも言葉を喋ってる感覚にさせてくれるなって思ってます。

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報