のん、渡辺大知、百世ら総勢17人があふれる思いを語った単行本『I LIKE YOU 忌野清志郎』が4月2日発売予定

ツイート

日本が生んだ偉大なミュージシャン・忌野清志郎が虹を渡って、早や10年。

清志郎と共に時代を生き、影響を受けながら現在も各界で活躍する人たちが、あふれる熱い思いを語った単行本『I LIKE YOU 忌野清志郎』が清志郎の誕生日である4月2日(火)に河出書房新社から刊行される。

この書籍は、ライター・岡本貴之と若手フォトグラファー・ゆうばひかりの企画・取材により、2018年2月より同年7月まで音楽配信サイト「OTOTOY」(https://ototoy.jp)に全13回にわたり掲載された連載記事を基に再構成したもの。インタビュー形式から一人語りに新たに書き下ろし、さらに追加取材を行い一冊にまとめた作品となっている。

若い世代へとバトンを渡すべく登場してくれた、のん、渡辺大知(黒猫チェルシー)のほか、3人時代のRCサクセションのライヴ目撃者・太田和彦、日本で唯一のザ・ローリングストーンズ・オフィシャル・フォトグラファーであり、忌野清志郎写真集『NAUGHTY BOY KING OF ROCK'N ROLL』を手掛けた有賀幹夫、清志郎ファンにはおなじみの高橋Rock Me Baby、ライヴ、サウンド、レコーディングを深く知る蔦岡晃、山本キヨシ、zAk、佐野敏也。今では音楽業界の重鎮となったプロデューサーたち―宗像和男、森川欣信、近藤雅信も登場。さらに、清志郎が憧れた漫画家・手塚治虫の長女でありプランニングプロデューサーの手塚るみ子、初代YMOマネージャーとしても知られる手相観の日笠雅水、スタイリスト高橋靖子、直木賞作家の角田光代まで、清志郎への熱い思いがギッシリと詰め込まれている。

そして書籍の締めくくりには、消しゴムハンコ作家・百世のインタビューを収録。初めて父・忌野清志郎についての思いを語っている。それぞれが語るエピソードは、そのまま、清志郎の音楽が持つ豊かさそのもの。忌野清志郎を知る人も知らない人も、是非お手に取っていただきたい、総勢17名による愛のある一冊となっている。

リリース情報

『I LIKE YOU 忌野清志郎』
岡本貴之 編
2019年4月2日発売(予定)
有賀幹夫/ 太田和彦/ 角田光代/ 近藤雅信/ zAk / 佐野敏也 / 高橋靖子/ 高橋Rock Me Baby / 蔦岡晃/ 手塚るみ子/ のん/ 日笠雅水/ 宗像和男/ 百世 / 森川欣信/ 山本キヨシ/ 渡辺大知(五十音順)
発売元:河出書房新社
224ページ ソフトカバー並製
本体定価:1400円
お問い合わせ先:河出書房新社 編集部 03-3404-8611
この記事をツイート

この記事の関連情報