2018年世界で最も売れた曲トップ10発表

twitterツイート

IFPI(国際レコード産業連盟)が水曜日(3月6日)、2018年世界で最も売れた曲(デジタル・セールス)のランキングを発表した。

◆グローバル・デジタル・シングル・オブ2018 関連画像

2018年最大のヒットは、ヤング・サグをフィーチャーしたカミラ・カベロの「Havana」だった。2017年9月にリリースされ、95ヵ国のシングル・チャートで1位に輝いたそうだ。

カミラは、この結果に「Havanaが2018年のベストセラー・ソング!!!!!! この曲は私の人生を完全に変えたわ。私と一緒に曲を制作し、Havanaに命を与えてくれた全ての人たち、そしてHavanaの中に♥があるのを聴きとってくれたあなた達みんなに永遠に感謝!」とつぶやいている。


2位はドレイクの「God’s Plan」で、2017年のトップを飾ったエド・シーランの「Shape Of You」が2018年も売れ続け3位に入った。シーランは2曲がトップ5入りしている。

IFPIが発表した『グローバル・デジタル・シングル・オブ2018』チャートは以下のとおり。

1. カミラ・カベロ ft. ヤング・サグ「Havana」 1,900万ユニット
2. ドレイク「God’s Plan」 1,530万ユニット
3. エド・シーラン「Shape Of You」 1,490万ユニット
4. エド・シーラン「Perfect」 1,350万ユニット
5. マルーン5 ft. カーディ・B「Girls Like You」 1,190万ユニット
6. ルイス・フォンシ ft. ダディー・ヤンキー「Despacito」 1,180万ユニット
7. Tia Ray「Be Apart」 1,090万ユニット
8. ザ・チェインスモーカーズ&コールドプレイ「Something Just Like This」 1,000万ユニット
9. マシュメロ&アン・マリー「Friends」 960万ユニット
10. ポスト・マローン ft. タイ・ダラー・サイン「Psycho」 920万ユニット


アーティスト別のトップ・セラー・ランキングでは、ドレイクが1位に輝き、BTS、エド・シーランと続いた。

『グローバル・レコーディング・アーティスト・オブ2018』は──

1. ドレイク
2. BTS
3. エド・シーラン
4. ポスト・マローン
5. エミネム
6. クイーン
7. イマジン・ドラゴンズ
8. アリアナ・グランデ
9. レディー・ガガ
10. ブルーノ・マーズ

今後、2018年世界で最も売れたアルバムのランキングも発表される。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報