ZARD、“坂井泉水は何を伝えたかったのか”に迫る2時間特番放送決定

ツイート

ZARDの楽曲の魅力、ボーカルの坂井泉水がその作品に込めた想いを紐解く2時間特番『ZARDよ永遠なれ 坂井泉水の歌はこう生まれた』が4月20日、NHK BSプレミアムで放送されることが明らかとなった。

◆ZARD 画像

坂井泉水は1991年のデビュー以降、「揺れる想い」「負けないで」など100万枚を超えるヒット曲をはじめ、152曲もの楽曲を作詞した。デビューから40歳で亡くなるまでの16年間、詞を生み出すために自身が毎日のように書き溜めた膨大なメモが残っている。

もともと石川啄木が好きな文学少女だった坂井泉水は、時代をとらえるために毎日ニュースも見ていた。そして、残されたメモには、恥じらいや嫉妬や劣等感など、自身の心の弱い部分が、時に長文で時に短く綴られているという。一見恋愛ソングに思える楽曲も、人生を歌ったもの。果たして、彼女は何を伝えたかったのか。生前公開されなかった収録の様子や素顔をとらえた映像、関係者の証言から、“坂井泉水がなぜ人々の心をとらえるのか”に迫る特番が『ZARDよ永遠なれ 坂井泉水の歌はこう生まれた』だ。

訪れる新時代に受け継がれていく、平成を彩ったZARD永遠のスタンダードナンバーを紐解く2時間となる。

■2時間特番『ZARDよ永遠なれ 坂井泉水の歌はこう生まれた』

放送局:NHK BSプレミアム
放送時間:2019年4月20日(土) 21:00〜22:59

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス