【インタビュー】岸田教団&THE明星ロケッツ、“REBOOT”というツアータイトルに込めた希望「やっと本来のバンドの姿が見せられます」

twitterツイート
PR

ニューアルバム『REBOOT』を掲げた全国ツアー<REBOOT TOUR 2019>がいよいよ開幕。その初日となる2月28日(木)のCLUB CITTA'公演を終えたばかりの岸田(B)に、本ツアーについて話を聞いた。

■ツアー初日はREBOOTの概念を分かりやすく体現

――まずは今回のツアー<REBOOT TOUR 2019>の初日公演を、アルバムツアーであるにもかかわらず東方アレンジオンリーのライヴでスタートさせた意義から教えてもらえますか?

岸田:そこはアルバムのコンセプトから始まってまして。アルバムが“REBOOT”(再起動)という名前で、“自分たちのバンドをもう1回始めよう”という意図を持って作ったものなんですね。そこで馬鹿正直にそのアルバムに沿ったツアーを始めた場合、“みんながREBOOTした感覚になれるのか?”という問題がありまして。たぶん、それをやっちゃうと新譜が出た後のツアーになっちゃうんですね。

――確かに。いつもと変わらないツアーになってしまう。

岸田:そうです。僕はこのツアーをアルバムのツアーとして位置付けているだけではなく、“バンドとしてREBOOTする”というコンセプトの中のひとつの流れとして位置付けてまして。そのコンセプトを達成するにあたって、自分たちのバンドをもう1回始めるということをお客さんに見せるためには、自分たちが一番最初に始まったところからスタートする必要がまずあった。だから、自分たちが一番最初に出たライヴハウスにしたんです。


取材・文:東條祥恵
撮影:フクシ アヤミ

リリース情報

4th Album『REBOOT』
発売日:2018年12月5日

【アーティスト盤(Blu-ray付)】
1000735130 ¥5,000(税抜)
【通常盤】
1000735131 ¥2,800(税抜)

ライブ・イベント情報

<岸田教団&THE明星ロケッツ REBOOT TOUR>
3月8日(金) 大阪・バナナホール
3月10日(日) 福岡・DRUM Be-1
3月17日(日) 宮城・LIVE HOUSE enn 2nd
3月21日(木・祝) 愛知・Electric Lady Land
3月23日(土) 東京・EX THEATER ROPPONGI

<REBOOT ASIA TOUR 2019 IN TAIPEI>
6月15日(土) 台湾・角落文創展演空間Corner House
DiGa:Online
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報