<FUJI ROCK '19>第二弾でKOHH、エルレ、JONAS BLUE、アジカンら

twitterツイート



2019年7月26日(金)、27日(土)、28日(日)に新潟県 湯沢町 苗場スキー場にて開催される<FUJI ROCK FESTIVAL>が出演日別第2弾ラインナップを発表した。

◆出演日別第2弾ラインナップ PV映像

ラインナップは、下記の通りだ。

 ◆  ◆  ◆

【<FUJI ROCK FESTIVAL'19>出演アーティスト ※第2弾時点】

■■7月26日(金)
THE CHEMICAL BROTHERS
THOM YORKE TOMORROW’S MODERN BOXES / ELLEGARDEN(NEW)
JANELLE MONAE
ANNE-MARIE / BIGYUKI(NEW) / GARY CLARK JR. / KAYTRANADA
KID FRESINO (BAND SET)(NEW) / KING GIZZARD & THE LIZARD WIZARD / THE LUMINEERS
MITSKI / NICOLA CRUZ / ORIGINAL LOVE(NEW) / RED HOT CHILLI PIPERS
SABRINA CLAUDIO(NEW) / SHAME / スガ シカオ(NEW) / TORO Y MOI / TYCHO(NEW) / THE WATERBOYS
YAEJI

■■7月27日(土)
SIA
DEATH CAB FOR CUTIE / MARTIN GARRIX
ASIAN KUNG-FU GENERATION(NEW)
ALVVAYS / AMERICAN FOOTBALL / ANNA LUNOE(NEW) / CAKE / CALPURNIA / clammbon(NEW)
COURTNEY BARNETT(NEW) / DANIEL CAESAR / 怒髪天(NEW) / DYGL(NEW) / EGO-WRAPPIN’(NEW)
GEORGE PORTER JR & FRIENDS / 銀杏BOYZ(NEW) / JONAS BLUE(NEW)
MATADOR! SOUL SOUNDS / Tempalay(NEW) / UNKNOWN MORTAL ORCHESTRA / ZOO(NEW)

■■7月28日(日)
THE CURE
JAMES BLAKE / JASON MRAZ
Superfly(NEW)
BANDA BASSOTTI / CHON / THE COMET IS COMING(NEW) / 電気グルーヴ(NEW) / INTERACTIVO
KHRUANGBIN / KOHH(NEW) / never young beach(NEW) / PHONY PPL(NEW) / スカート(NEW)
STELLA DONNELLY / TENDRE(NEW) / toe(NEW) / VAUDOU GAME(NEW)

and more artists to be announced

 ◆  ◆  ◆

今回の発表により、2019年のフジロック初日のヘッドライナーはTHE CHEMICAL BROTHERS、2日目がSIA、そして最終日はTHE CUREとわかった。その他の主な新出演者情報としては2018年に復活し、11年振りにフジロックのステージに立つELLEGARDENをはじめ、KOHH、ASIAN KUNG-FU GENERATION、Superfly、電気グルーヴら邦楽勢と、JONAS BLUE、THE COMET IS COMING、ANNA LUNOEらの初出演海外勢を含む28組が明らかになった。

チケットは本日11時より、第2次先行販売が開始となった。入場券は定価よりもリーズナブルに入手できる他、3日間の参加が難しい人にお得な2日券やファミリー参加者に人気のムーンキャラバンチケットなど全券種が販売中だ。第一次先行分は完売と今年も好調な売れ行きのフジロック、第2次先行販売も規定枚数に達し次第販売終了となるので買い逃しのないように。また、約2,000コースもある各地発着のオフィシャル・ツアーも全プランの先着順受付が開始されたのでチケット情報と併せてオフィシャルサイトでチェックしよう。


そして恒例企画『ROOKIE A GO-GO出演アーティスト オーディション』が今年も開催されることがわかった。過去にはMy Hair is Bad、Suchmos、Yogee New Waves、SIX LOUNGE、King Gnuなどが通り抜けたフジロックの新人登竜門的ステージがROOKIE A GO-GOだ。なんとこのオーディションにはフジロックとゆかりの深い故ジョー・ストラマーの遺志を継ぎ、才能あるミュージシャンへ音楽創作の機会を与えることを目的としてイギリスで設立された慈善団体 THE JOE STRUMMER FOUNDATIONより、出演決定アーティストに援助金が用意されている。ROOKIE A GO-GO を盛り上げ、未来のヘッドライナーを狙う人は応募しよう。

また、『ROOKIE A GO-GO「FRF’19出演権獲得!目指すはメインステージ!』の第2次WEB投票受付も開始された。こちらは前年にROOKIE A GO-GOに出演を果たした新世代ルーキー15組の中から、さらに選ばれた1組だけがその年のフジロックのメインステージ出演が約束されるというもので、昨年はCHAIがRED MARQUEEに出演している。第2次WEB投票は誰でも参加できるので配信中のライブ音源を聴いて投票してみてはいかがだろうか。

オフィシャルグッズには、フジロックのロゴ入りバスタオル、サッカーTシャツなど、いずれも毎年人気のアイテムが早々に登場している他、フジロックを率いるSMASH代表・日高正博氏が「ロックンロール・ヒストリー・ブックを若い人たちに見てもらいたい」と推薦するボブ・グルーエン写真集『ROCK SEEN』の日本版がリリースされた。待望の日本版には、日本のロックンロール・ファンたちへのボーナス・トラックとして、グルーエン自身が撮影したフジロックの「ロック・シーン」16ページ分を追加収録されている。詳細はGREENonREDサイト(https://www.greenonred.jp/)で確認してほしい。

▲フジロック山ロゴバスタオル

▲フジロック’19 × GAN-BAN サッカーTシャツ

▲ボブ・グルーエン写真集『ROCK SEEN』

最後に、フジロックに縁のあるアーティストについて触れよう。
現地時間の3月4日、プロディジーのキース・フリントがこの世を去った。彼らの本国・イギリスでは今年の<グラストンベリー>出演が決まっていたというニュースを耳にした人の中には筆者同様、もしかしたらフジロックのステージにも立っていたかもしれないと想像した人も少なくないはずだ。

フジロックがこれまでに発表した今年のラインナップには今の音楽シーンを象徴する“踊れる音”を操るアーティストが新旧織り交ぜられているが、プロディジーほどの強大で異質なインパクトを与えるステージはもう二度と観られないだろう。彼らの凄まじく狂気的でダンサブルなヘヴィ・サウンドと激しい怒りに満ちたパフォーマンスは夜のグリーンステージがとてもよくマッチしていたし、オーディエンスの心をわしづかみして虜にさせた。本当に残念でならない。

文◎早乙女ゆうこ

<FUJI ROCK FESTIVAL'19>

2019年7月26日(金)27日(土)28日(日) 新潟県 湯沢町 苗場スキー場
※入場券は販売時期によって料金が変わります。
※中学生以下は保護者同伴に限り入場無料となります。
※チケット料金、販売スケジュールにつきましてはオフィシャルサイトをご覧ください。
※出演者・出演日・出演順に変更が出る場合もあります。
総合問い合わせ/オフィシャルサイト:https://www.fujirockfestival.com


▲<FUJI ROCK FESTIVAL> チケットページへ(e+)

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報