ブライアン・メイとロジャー・テイラー、長年のツアー・マネージャーの死を追悼

ツイート

クイーン、エルトン・ジョン、ポール・マッカートニー、ジミ・ヘンドリックスらのツアー/プロダクション・マネージャーを務めたGerry Stickells氏が、3月6日、長年の闘病の末、亡くなった。

◆追悼メッセージ

クイーンのブライアン・メイは、「長年、僕らの素晴らしいツアー・マネージャーだったGerry Stickellsが今朝亡くなり、とても悲しい。言葉がない。RIP GERRY。愛してるよ。何もかもありがとう」と追悼の言葉を寄せた。



ロジャー・テイラーは、彼には珍しく長文のメッセージをインスタグラムに投稿し、Stickells氏を偲んだ。「Gerry Stickells、世界で最も優れたツアー・マネージャーが、長い闘病の末亡くなった。彼はクイーンにとってツアー・マネージャー以上の存在だった―父親代わり、素晴らしい友、師であり、カオスの真っ只中唯一落ち着いている人だった。僕の人生に計り知れないほどの影響を与えた。その全てがいいことだ。ジミ・ヘンドリックスに始まり、クイーン、ポール・マッカートニーとの時代を通じGerryは大黒柱だった! 僕らはとても寂しくなる。この困難な時期、Sylviaと家族に愛を。深い悲しみと共に ロジャー」



英国生まれのStickells氏は、中学卒業後、ヘンドリックスのローディーとなり、その後、クイーン、エルトン、ポール、ロッド・スチュワート、フリートウッド・マック、ABBAらの大規模なツアーを仕切ってきた。

2007年には、ライブ・プロダクションのアカデミー賞と呼ばれるParnelli Lifetime Achievement Awardを受賞した。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報