ゆいにしお、初の全国流通盤『角部屋シティ』5月発売

twitterツイート


日本コロムビア主催「半熟オーディション2018」でグランプリを獲得した女性シンガーソングライター・ゆいにしおが、1st Mini Album『角部屋シティ』を5月15日(水)にリリースすることが発表された。

本作は、同オーディション通過後初、また本人にとって初の全国流通盤でもある6曲入りの作品。本人が日頃弾き語りで演奏している楽曲をフルアレンジしたものを中心に、本作品のために書いた新曲も収録される。ゆいにしおの持ち味でもある、心地よいメロディラインと言葉遊びが体感できる1枚とのこと。昨年2018年に12月に公開した「帰路」のミュージックビデオは公開直後から注目を集め、各ラジオ局の新人コーナーでもピックアップされるなど高評価を得ているようだ。


また、フォトグラファーの忠地七緒氏が撮影した新しいアーティスト写真も公開された。

■ 1st Mini Album『角部屋シティ』

2019年5月15日(水)発売
GUPC-0001 ¥1,836(税込)
発売元:NIPPON COLUMBIA
流通元: PCI MUSIC(インディーズ流通)

[収録楽曲]
1. スピーチレス
2. DAITAI
3. パワーワーズ
4. マスカラ
5. 小夜なら花折り
6. 帰路

■プロフィール

透明感の中にも深みのある声と、渋谷系の心地よいサウンドが持ち味の現役大学生シンガーソングライター。2016年から名古屋市内にて弾き語りで活動をスタート。2017年に「ソニーキミウタオーディション」ファイナル出場、「未確認フェスティバル」名古屋地区出場などを経て、2017年10月~2018年3月に開催された「半熟オーディション supported by Eggs」で、最終審査を通過。2次審査のスタジオパフォーマンスでは、異例の審査員満場一致で通過、オーディション中から高い評価を獲得した。2019年5月15日には、自身初の全国流通盤である1st Mini Album『角部屋シティ』をリリース。
現在、名古屋・東京を拠点に活動中。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報