ニッキー・シックス、モトリー・クルーの映画を観て、亡き母と和解しなかったことを後悔

twitterツイート

ニッキー・シックスは、間もなくNetflixで公開されるモトリー・クルーのバイオグラフィ映画『The Dirt』を観て、2013年に亡くなった母と和解しなかったことをあらためて後悔したそうだ。

◆ニッキー・シックス画像

シックスは『Forbes』誌のインタビューでこう語った。「あの映画で最もつらいのは、俺と母の関係で、それが修正できなかったとこだ。彼女が俺に電話してくるシーンがある。俺は出られなかったんだ。薬物中毒だった。でも、それ以上に彼女は俺を捨てたって恨みがあった。その後、俺はリハビリを受け、シラフになった。でも、彼女は亡くなり、俺らは和解しなかった。俺はそれを後悔している。俺は毎日、いい人間になろうとし続けているが、俺らは溝を埋めることができなかった」

モトリー・クルーの映画『The Dirt』は来週金曜日(3月22日)からNetflixで配信開始される。

シックスは、モトリー・クルーと映画に関し、こうも語った。「本当にファミリーだ。俺の初めてのファミリーだ。俺らは、一緒に山を登り、崩壊し、そして復活した。ああ、ロックでありハチャメチャだ。でも、フットボール・チームに似たところもある。そこが、俺にとってはこの映画に秘められた力だ」

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報