SUPER JUNIORイェソン、「僕が届ける楽曲がこれからもみなさんにとっての幸せになることを」

twitterツイート

SUPER JUNIORのイェソンが3月14日、東京・豊洲PITにて日本全国ソロツアー<SUPER JUNIOR-YESUNG Special Live 『Y's STORY』>の最終公演を開催した。

◆ライブ画像

2月20日にはツアーと同タイトルのジャパン1stフルアルバム『STORY』もリリースしたイェソン。“YESUNG'S STORY”というコンセプトのもと制作された本アルバムは、イェソン本人が作詞作曲に参加した新録曲を中心に、自身が主演をつとめた映画主題歌『雨のち晴れの空の色』、作家・村上龍が作詞した「愛してるって言えない」など、ひとりの男性としてより成熟した等身大のイェソンを感じることができる作品に仕上がっていた。


全国4ヶ所7公演、自身3度目となるソロツアー<SUPER JUNIOR-YESUNG Special Live 『Y's STORY』>も、アルバムタイトルと同様の“STORY”がコンセプトになっていて、イェソン自身の『STORY』を通して「ファンとともに共有できる音楽・時間を作っていきたい」という願いを込めているという。


ライブではアルバムリード曲「Because I Love You ~大切な絆~」でイェソンの新境地となるジャズを披露したり、「いま会いにゆきます ~If You~」で情感あふれる歌声で観客を魅了。さらにSUPER JUNIORのメンバーであるドンヘとウニョクをフューチャリングに迎えた「For Dream ~夢を目指して~」など、イェソンならではのステージでアンコール含む全20曲を披露した。


そして「みなさんと過ごすSTORYを考えていたときは、すごく長い時間に感じていたのに、時が過ぎてしまうのはあっという間でした。ツアーが終わってしまうのは寂しいですが、また新しいSTORYが始まるのではないでしょうか。僕が届ける楽曲がこれからもみなさんにとっての幸せになることを祈っています。」と、応援してくれるファンと次回の“STORY”でまた会うことを誓った。

◆SUPER JUNIOR イェソン特設サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報