【ライブレポート】澤野弘之<LIVE “R∃/MEMBER”>初日、西川貴教&Aimerら実力派シンガーらと生んだ圧倒的熱狂

twitterツイート

澤野弘之が、2019年3月6日、7日に東京チームスマイル・豊洲PITにてワンマンライブ<SawanoHiroyuki[nZk] LIVE "R∃/MEMBER">を開催した。

西川貴教やLiSA、Aimer、SUGIZO(LUNA SEA/X JAPAN)、岡野昭仁(ポルノグラフィティ)、スキマスイッチ、Uru、さユり、ASCAなど豪華なゲストが参加したニューアルバム『R∃/MEMBER』を3月6日にリリースした澤野弘之。さまざまなアーティストとの刺激的な共演を果たした挑戦作となる本作をタイトルに冠したこの公演は、彼のアーティストとしての現在地と新たなる可能性を見せてくれるものとなった。本記事では、西川貴教、Aimer、mizuki、Yosh、Gemie、Tielle、naNamiがゲストボーカルとして参加した初日公演の模様をお届けしたい。

◆<SawanoHiroyuki[nZk] LIVE "R∃/MEMBER"> 画像 画像

開演時間を少し過ぎたころ、場内の照明が落ちると、サポートメンバーがステージに登場。ほどなくフェードインしながら重低音が会場に響く。新作『R∃/MEMBER』のオープニングトラックを飾る「Glory -into the RM-」だ。重低音が上がり切りピアノの1音目が放たれた瞬間、ステージ正面上部のライブタイトルが記された幕が落ちる。そこに現れたのは、『R∃/MEMBER』のジャケットのメインビジュアルを飾っている無数のケーブルが結線されたピアノ。この冒頭の演出に、フロアから“おおー”というどよめきが起きる。そして、澤野とボーカルのYosh(Survive Said The Prophet)が登場すると、さらに大きな歓声が上がり、Yoshが“Make some noise!”とアジテート。Yoshの生粋のロックバンドマン然としたパフォーマンスは澤野のライブの中での大きなアクセントであり(過去には“生きてんのか?”という彼の煽りが、澤野やゲストボーカルの間でブームになったこともあった)、今や必要不可欠なものだ。2曲目の「Barricades」、MCを挟んでの「rabBITHole」でも、Yoshはアクセル全開でパワフルな歌声を轟かせ、会場のボルテージをグイグイ上げていった。

Yoshからバトンを受け取ったTielleは、「Cage」を情感たっぷりに歌い上げる。続く「VV-ALK」では、軽やかに歩いているような心地よいグルーヴに乗りながら、やさしさと力強さが同居した歌声を響かせた。「Roller Coaster」「X.U」は、Gemieが歌唱。澤野らしい洋楽的な16ビートフィーリングのグルーヴ感がある楽曲を、Gemieはリズミカルでソウルフルな歌声で魅せていた。

▲Yosh

▲Tielle

▲Gemie

MCを経て、再登場したTielle の“次は叫べる曲です!”という言葉とともにドロップされたのは、『Re:CREATORS』第2期オープニングテーマ「sh0ut」。イントロからクラップが巻き起こり、サビではフロアに無数の拳が突き上がった。その観客の熱狂に呼応するように、TielleとGemieもパワフルなシャウトを放つ。この曲でのステージとフロアの一体感はすさまじいものであった。

直後のmizuki(UNIDOTS)が担当した「&Z」のアウトロでも会場には大合唱が発生。その光景を見ていて、澤野の楽曲にはシンガロングできる部分が多く、特にライブではそういった観客が合唱できる部分が大きな高揚感を生み出しているということに改めて気づかされた。mizukiは、「ViEW」「aLIEz」でも表情豊かな歌声を聴かせる。澤野のボーカルプロジェクト[nZk]の初期から関わっているmizukiの清涼感のあるボーカルは、澤野の力強いバンドサウンドの中で、常に大きな煌めきを放つ重要な存在だ。また、澤野とmizukiの“素敵”をネタにしたMCは、彼のライブに欠かせないピースとなっている(以前、澤野がmizuki の音楽を“素敵”と褒めたことに対して、mizukiがあまり感情がこもっていなかったと指摘。それ以降、澤野がmizukiに対して“素敵”という言葉を言いにくくなったが、それでも使い続けていることがネタになっている)。

mizukiに続いて登場したnaNamiは、2016年11月の<LIVE[nZk]004>以来の澤野のライブ出演。『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』エンディングテーマ「Next 2 U -eUC-」では伸びやかな歌声で魅せ、ライブ初披露となる『ギルティクラウン』挿入歌「Home ~in this corner~」では1つひとつの言葉に息吹を吹き込むように憂いのあるメロディを歌い上げた。

▲mizuki

▲naNami

壮大なコーラスが豊洲PITを包み込んだ瞬間、それまでで一番の大歓声が巻き起こる。「StarRingChild」のイントロ。誰しもがAimerの登場を理解したのだ。ヘヴィなバンドサウンドが解き放たれると、真っ赤な照明が照らされたステージに彼女がゆっくりと現れ、どこか儚さを感じさせる歌声を紡いでいく。Aimerが発するメロディの1つひとつに思わず息を呑む。澤野弘之とAimerが描く音世界は、どこまでも美しく尊い。「StarRingChild」で会場の熱気がもう一段高まると、「bL∞dy f8 -eUC-」ではオーディエンスの熱狂も最高潮に。MCを経て、『R∃/MEMBER』と、Aimerが4月にリリースする新作『Penny Rain』に別バージョンが収録される新曲「i-mage」を初披露。澤野がAimerをボーカルに起用した楽曲はこれまでマイナー調のものが多かったが、「i-mage」はメジャー調のアップテンポなナンバー。サビでは、開放感のあるメロディに乗せてポジティブなメッセージを放ち、最後はオーディエンスを巻き込んでの合唱を起こした。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報