浜田ブリトニー、自らの結婚を歌で祝福

ツイート

漫画家/タレントとして活躍中の浜田ブリトニーが、3月13日に都内で結婚発表イベントを行った。結婚相手は、浜田が育てている愛娘・雫ちゃんの父親でもあるイケメン芸人・いわみんこと岩見透だ。岩見はこの日のイベントMCとして登壇しており、彼が浜田を迎え入れて二人の結婚を発表するという珍しい流れとなった。

晴れて結婚を発表した浜田は、二人のこれまでの道のりを自ら描いた漫画で紹介した。二人は2015年に交際をスタート、浜田の病気発覚、手術を経て妊娠するものの、岩見が境界性人格障害となり自殺未遂をくり返すこととなる。浜田は一旦岩見と別れて一人で女児を出産…といった波乱の道のりが披露された。岩見は「岩見透って、ヤバイ奴じゃないですか?」と自らにツッコミを入れて、会場を笑わせる場面もはさみつつ、結局それらは3月19日に発売される浜田の著書「パネェ!出産」の告知につながっていたというオチとなった。



続いて、3月13日に発売されたCD「嘘夢チャージ」のC/W曲「パネェ! Wedding」も披露された。ピンクの電話の清水よし子らタレントや漫画家たちで結成されたバンドメンバーも直前まで二人の結婚を知らなかったようで、「今日、聞いてびっくりした」とのコメントが相次いだ。浜田はステージに用意されたフリップに漫画を描きながら、自ら作詞をしたダンサブルな楽曲をノリノリで歌い上げた。

歌が終わると、岩見から浜田へのサプライズが用意されていた。過去2回浜田にプロポーズし、ティファニーとカルティエの指輪をプレゼントしている岩見だが、この日、3度目のプロポーズとしてネックレスがプレゼントされた。浜田の背後からネックレスをつけてあげ、二人の仲睦まじい姿を見せつけた。この件をまったく知らされていなかった浜田は、素で驚いた様子で、「こんなに幸せでいいのかな。これからも私たちを応援してください」とコメントした。


「記者会見のMCは初めて」という岩見は終始緊張していた様子で、フォトセッションでは硬さをほぐすかのように、自らの持ちネタである「ファー!」を連発。その後、報道陣から「ファーと叫んでください」というリクエストにも快く応じていた。


その後の囲み取材で、報道陣からいくつか質問を受けた二人は、このタイミングで結婚を決意した理由について聞かれると、浜田は「以前は彼が荒れていたので結婚できないなと、1回別れて冷静になりました。子供が生まれてからは、彼が子供に会いに来てくれて、めちゃめちゃ可愛がってくれて。この子に父親がいてもいいのかなと思い、結婚しようと決めました」とのこと。もうすぐ1歳になるという娘の雫ちゃんは「初めて覚えた言葉が”パパ”だった」というほど岩見に懐いているそうで、もともと介護福祉士の仕事をしていた岩見は、子供の世話も上手にこなしているそうだ。

「婚姻届けはいつ出す?」との質問には、「今日、これから出す」と浜田が即答した。続けて「子供が生まれる1か月前に父が亡くなったんですけど、(生前)私たちに結婚してほしそうにしていたので、天国の父に伝えたいです」と答え、岩見は「これまでずっと(浜田との交際を)周りの人たちに隠し通して、嘘をついてきたので、そのことを皆さんに謝りたいです。今は隠さないといけないというストレスから一気に解放されて、これからどうしようかなというワクワク感があります」と語った。現在、岩見が浜田の家に通っている半同棲状態だそうだが、浜田は「これから一緒に住みます。明るく楽しい家庭を作りたい」と話し、イベントを締めくくった。



マキシシングル「嘘夢チャージ」
WKCL-7291 926円+税
c/w パネェ!Wedding/オカオカハウスのテーマ(BONUS TRACK)

◆浜田ブリトニー・オフィシャルブログ
この記事をツイート

この記事の関連情報