【インタビュー】FIVE NEW OLD、ライブバンドとしての本懐「いい意味でどこまでもみんなを翻弄できたらいいな」

twitterツイート
PR

都会的な洗練されたセンスとバンドらしい泥臭さが同居し、心地良くも熱量の高いメロディ&グルーヴを奏でるバンド、FIVE NEW OLD。2017年に1st EP「BY YOUR SIDE EP」でデビューすると、翌18年にはメジャー1stアルバム『Too Much Is Never Enough』をリリース。日本での全国ツアーのみならず、タイのバンコクでのイベントに参加して称賛を浴びるなど、今勢いに乗る彼らが、このほど新EP「WHAT’S GONNA BE?」を発表した。4月から東名阪を含む初のアジアツアー開催を控え、一気にブレイクの可能性も感じさせるところで、彼らの醍醐味である“ライブ”の話を軸として、その現在地とバンドの展望について語ってもらった。

■パンクスのライブバンド精神は残っているのかな

――新EP「WHAT’S GONNA BE?」は良い意味でメジャー感がグッと出た印象を持ちましたが、メンバー内にそういった意識はありましたか?

HIROSHI(Vo,G):そうですね。お客さんと一緒にリズムで遊べるようなところや、口ずさみたくなるメロディを意識的に入れたりとかはありました。音楽を通して、よりコミュニケーションを取れる曲と言うんですかね。昨年、僕たちはワンマンツアーを経験して、タイなど海外にも行くようになったんですが、その中で“音が持っているコミュニケーションの力”みたいなものを強く感じてまして。そこで、より大きなフィールドでたくさんの人に聴いてもらうことを考えて、もっと音自体が持っている力にフォーカスした作品にしたいな、とは考えました。

――EPの1曲目「What’s Gonna Be?」などは、まさにそういう感じですね。“音の力”にフォーカスするにあたり、作曲の過程で普段と違う点はありましたか?

HIROSHI:いつもは僕とギターのWATARU(G、Key、Cho)で骨組みを作って、ある程度出来たら全員でブラッシュアップしていくという流れなんですけど、「WHAT’S GONNA BE?」EPに関しては、ちょっと違いましたね。ゼロイチの作業(曲の骨子を作る作業)は僕がやって、アレンジはWATARUに投げるという感じでした。だから今回は彼の色が強く出ていると思います。ツアーや現場での経験からWATARUもギタリストとして成長していたから、出てくるフレーズが今までと違ったりするな、というのは聴いてて面白かったですね。

WATARU:恐縮です(笑)。

――ライブを通しての成長というお話ですが、実際“自分たちはライブバンドだ”という意識はありますか?

WATARU:ライブバンド……だと思います。やっぱりもともとパンクシーンでずっとライブをやっていたので、ステージで叩き上げていくような泥臭い感じが根本にあって。音楽性こそいろいろ変わってきましたけど、そういうパンクスのライブバンド精神は残っているのかなと。


取材・文:大久保徹

リリース情報

「WHAT’S GONNA BE?」
発売日:2019年3月13日
TFCC-89669
¥ 1,300(税抜)

イベント情報

■アジアツアー日本公演
5月18日(土) 大阪・梅田 CLUB QUATTRO(open 17:00 / start 18:00)
5月23日(木) 愛知・名古屋 CLUB QUATTRO(open 18:30 / start 19:30)
5月25日(土) 東京・マイナビ BLITZ赤坂(open 17:00 / start 18:00)
一般発売 3月31日(日)10:00〜

■VIVA LA ROCK 2019
5月4日(土・祝) さいたまスーパーアリーナ

◆ライブ情報
DiGa:Online
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報