映画を軸にクイーンを読み解く<音楽・映画連動講座「ボヘミアン・ラプソディ」>開講

twitterツイート

タワーレコードが4月に開講する「TOWER ACADEMY」の初回講座<音楽・映画連動講座 第1回「ボヘミアン・ラプソディPart.I」>が、4月6日(土)に東京・音楽の友ホールにて開催される。

◆登壇者画像

<音楽・映画連動講座>は、“音楽を題材とした映画”の音楽に焦点を当ててアカデミックに解説していくというシリーズ講座。初回はアカデミー賞4部門を受賞した『ボヘミアン・ラプソディ』を題材に、クイーンの歴史を“初期”、“黄金期”、“中期~後期”、“ソロ期以降”の4つのパートに分けて、各アルバムのリリース当時の時代背景やメンバーの音楽的ルーツ、ライブ演奏の聴きどころなどを解説していく。

4月6日(土)の<Part.I>で講師を務めるのは、音楽評論家の大貫憲章、クイーン・トリビュートバンド“Queeness”のフレディ・エトウ(Vo,Pf,G)、そしてフレディ・マーキュリーをこよなく愛するサンプラザ中野くんの3人だ。大貫憲章が登壇する1st Session(昼の部)では1stアルバム『戦慄の王女』から3rd『シアー・ハート・アタック』までに焦点を当て、映画『ボヘミアン・ラプソディ』とリンクしながら、当時の雰囲気をリアルに伝えるエピソードの数々と共にバンドのデビュー~初期当時を振り返る。


▲大貫憲章


一方、フレディ・エトウとサンプラザ中野くんを迎えての2nd Session(夜の部)では、レコーディングされた音源とライブパフォーマンスの違いに焦点を当てた講義を予定。名曲「キラー・クイーン」のハーモニーの成り立ちなどについて、ピアノ演奏を交えながら解説が行なわれるということだ。


▲Queeness



▲サンプラザ中野くん


多彩な講師陣による解説はもちろん、高品質の音源をハイスペックなオーディオで楽しめるのも本講座の魅力のひとつ。講座内容や受講申し込みなどの詳細は「TOWER ACADEMY」オフィシャルサイトでチェックしよう。

<音楽・映画連動講座 第1回「ボヘミアン・ラプソディPart.I」>

2019年4月6日(土)東京・音楽の友ホール
1st Session: 13:00-15:00(終了予定) / 2nd Session 17:00-19:00(終了予定)
解説者:1st Session:大貫憲章 / 2nd Session:フレディ・エトウ(Queeness)、サンプラザ中野くん
MC:矢口清治
チケット代:各Sessionともに¥3,000(税込)
応募方法: https://tower.ac/type_course/movie1-1/

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報