フィル・アンセルモ、過去の白人至上主義発言が原因でニュージーランド公演中止

ツイート

来週、ニュージーランドで予定されていたフィル・アンセルモの公演が中止された。同国クライストチャーチで起きた銃乱射事件を機に、彼が過去に発した白人至上主義の言動が問題視された。

◆Philip H. Anselmo & the Illegals画像

アンセルモは3年前の公演で、ナチス式の敬礼をし「ホワイト・パワー」と叫び、物議をかもした。その後、アンセルモは謝罪したが、フランス政府は、その夏同国で開催される<Hellfest>にアンセルモのバンドDownを出演させないよう主催者に要請。オランダでは、<FortaRock>フェスティヴァルが実際にDownの出演をキャンセルした。

アンセルモは3月26日にクライストチャーチで、27日にオークランドで、ソロ・プロジェクトPhilip H. Anselmo & the Illegalsの公演を開催するはずだった。『New Zealand Herald』紙によると、クライストチャーチ公演の会場Club Tavernは「白人至上主義または人種差別を支持しない」と、オークランドの会場Galatosは「我々の会場で、この公演は開催しない。情報がもたらされ、不快感を覚えた」と、中止決定の声明を出したという。



現時点でアンセルモからコメントはなく、また、オーストラリアでの公演は予定通り開催されるようだ。

Philip H. Anselmo & the Illegalsはオーストラリア・ツアー後、4月初めに来日する。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報