水曜日のカンパネラ、今度のコラボ相手は屋久島

twitterツイート


水曜日のカンパネラが、デジタルEP『YAKUSHIMA TREASURE』を4月3日(水)にリリースすることが発表された。

◆EP『YAKUSHIMA TREASURE』 画像

同日に公開されるYouTube Originals作品「Re:SET」で、水曜日のカンパネラは屋久島とコラボしている。2017年に武道館での単独ライブを成功させ、唯一無二のアーティストの座を確立した水曜日のカンパネラであったが、コムアイは、自分らしい自由な表現ができていないことに危機感を抱いていたという。それから自分が納得する表現を追い求め試行錯誤を繰り返していたコムアイは、新曲とミュージックビデオの制作を行うため、世界遺産の島、屋久島を旅することになった。屋久島に何度も足を運び、滞在し、現地の人々と触れ合い、フィールドレコーディングをしながら制作は行われたようだ。屋久島の自然や人々に溶け込み制作していく中で、当初は一曲の予定が、たくさんのアイデアが生まれたためEPとしてまとめることになったという。以前から水曜日のカンパネラの楽曲を手掛けているオオルタイチが屋久島にも同行し、全曲プロデュースしている。

▲デジタルEP『YAKUSHIMA TREASURE』

本日、YouTube Originals作品「Re:SET」のトレーラー映像が公開されているので、まずはこちらをチェックしてほしい。水曜日のカンパネラとオオルタイチ、ミュージックビデオ監督の鎌谷聡次郎が実際に屋久島に通い、EPのリード曲でもある「屋久の日月節」(読み:ヤクノジツゲツブシ)が生まれ、そのミュージックビデオが完成するまでの過程を見ることができる。4月3日(水)18時に全エピソードが公開される。


また、EPのリリースとYouTube Originalsの公開を記念して、4月3日当日にはトークイベントも開催する。コムアイの作品に対する想いや、制作過程のエピソードなどを、新曲「屋久の日月節」を手がけたオオルタイチ、ミュージックビデオ監督の鎌谷聡次郎、CGクリエイター、「Re:SET」ドキュメンタリープロデューサーなどを交えたラウンドテーブル形式でトークを展開。こちらの模様もYouTubeライブ(URL:https://www.youtube.com/watch?v=Hfxz_c3pjCc)で配信するようだ。



  ◆  ◆  ◆

■【コムアイコメント】
鎌谷聡次郎とオオルタイチという、二人の宇宙人に見守られる中、屋久島と相撲をとりました。ハッケヨーーイ、ノコッタ!

  ◆  ◆  ◆

■【YouTube Originals「Re:SET」 作品概要】

日常から浮遊した独特な世界観の楽曲と、常に新たな試みを取り入れたパフォーマンスで、日本の音楽シーンをリードするユニット・水曜日のカンパネラ。2017年に武道館での単独ライブを成功させ、日本発、唯一無二のアーティストの座を確立した。しかし歌唱・パフォーマーを務めるコムアイは、自分らしい自由な表現ができていないことに危機感を抱いていた。
それから自分が納得する表現を追い求め試行錯誤を繰り返していたコムアイは、新曲とミュージックビデオの制作を行うため、世界遺産の島、屋久島を旅することになった。太古の自然が残る屋久島の自然と人々との出会いは、コムアイにどんなインスピレーションをもたらすのか?
新曲「屋久の日月節」が完成するまでを追う。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報