リンゴ・スター、スティーヴ・ルカサーとスタジオ入り

twitterツイート

リンゴ・スターがニュー・アルバムの制作を開始した。TOTOのギタリストで、リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドにも参加するスティーヴ・ルカサーとスタジオに入ったことを報告した。

◆リンゴ・スター&スティーヴ・ルカサー画像

リンゴは先週、ルカサーとピース・サインの2ショットをTwitterに投稿し、「偉大なスティーヴ・ルカサーと再びスタジオで。なんて奴。ピース&ラブ」とつぶやいた。

前作『Give More Love』(2017年)のレコーディング・エンジニア、ブルース・シュガーも、「スタジオでのまた素晴らしい一日…」と3人の写真をFacebookに投稿している。




『Billboard』誌によると、リンゴのスポークスマンは、彼が「この数ヶ月、ニュー・アルバムに取りかかっている」と認めたという。

前作『Give More Love』には、ルカサー、ポール・マッカートニー、ジョー・ウォルシュ、ピーター・フランプトン、デイヴ・スチュワート、ジェフ・リン、エドガー・ウィンターらが参加した。

リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドは間もなく、日本ツアーを開催する。福岡(3月27日)、広島(29日)、仙台(4月1日)、福島(2日)、東京(3、5、6、7日)、名古屋(9日)、大阪(10、11日)で公演を開く。

リンゴ、スティーヴ・ルカサー、グレッグ・ローリー、コリン・ヘイ、ヘイミッシュ・スチュワート、ウォーレン・ハム、グレッグ・ビソネットのラインナップでパフォーマンス予定。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報