リアム・ギャラガー、新作で息子とコラボ

ツイート

リアム・ギャラガーの制作中のニュー・アルバムに、彼の息子ジーン(17歳)が参加しているそうだ。最終的にどんな父子コラボレーションになるのかは不明だが、ジーンは少なくとも1曲でボンゴをプレイしている。

◆公開された写真

リアムは水曜日(3月20日)、スタジオで撮影した写真をインスタグラムに投稿し、「ジーンが俺の新曲でボンゴをレコーディング中」と報告した。



2人目の妻、オール・セインツのニコール・アップルトンとの間に誕生した第一子(リアムにとっては次男)のジーンは、昨年秋、バンドGrimmoを結成し音楽活動を始めたと伝えられていた。ジーンはギターをプレイしているという。リアムはそれより前、「ジーンはギターとドラムをプレイする。彼が歌うのを聴いたことはないが、彼には(ミュージシャンに)相応しいルックスとアチチュードがある。俺よりいいギター・プレイヤーだ。ま、俺はプレイできないんだけどな」と話していた。

女優/シンガーのパッツィ・ケンジットの間に誕生したリアムの長男レノン(19歳)は、モデルとして活動している。

リアムは、ソロ・デビュー・アルバム『As You Were』(2017年)同様グレッグ・カースティン、それにAndrew Wyattをプロデューサーにニュー・アルバムを制作中だと伝えられている。この夏は、グラストンベリー・フェスティバルをはじめ、UK/ヨーロッパで開催されるいくつかのフェスティバルに出演する。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報