ドン・ドッケン、セリーヌ・ディオンの「My Heart Will Go On」をカバー

ツイート

ドッケンのフロントマン、ドン・ドッケンは、ソロ・アルバム『Solitary』(2008年)を再リリースするにあたり、セリーヌ・ディオンが歌った映画『タイタニック』のテーマ曲「My Heart Will Go On」をレコーディングしたそうだ。

◆ドン・ドッケン画像

ドッケンにとって2枚目のソロ・アルバム『Solitary』は、当時、彼の公演に来た人のみ購入可能だった。

ドッケンは『Focus On Metal』ポッドキャストのインタビューで、こう明かした。「夏に俺のソロ・アルバム『Solitary』をリリースする。あれは正式にリリースされていなかった。8年前に作ったんだ。3曲加えて、12曲入りのCDにした。新たに3曲やったんだよ。新曲じゃない。カバーだ。でも、すごく美しいよ。セリーヌ・ディオンの『タイタニック』の曲をやった。みんな、『タイタニック』の曲は誰にもできない、オリジナルには太刀打ちできないって言ってた。あれは素晴らしいからね。でも、俺はドン・ドッケン化した」

「それに、ラビリンスの“Jealous”もやったんだ。俺はピアノを弾き、歌った。本当にビューティフルなものになったよ。それと、『タイタニック』の曲と同じ作者(ジェイムス・ホーナー)の“All Love Can Be”もね。有名な作曲家だ。彼は飛行機事故で亡くなった。だから、追悼のようなものだ。彼は僕の友人だった。ひと月違いの誕生日で、同い年だったんだ。だから、“Jealous”以外は、彼へのちょっとしたオマージュだ」

『Solitary』のリリースの詳細は今後発表される。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報