エルトン・ジョン、ア・トライブ・コールド・クエストを称賛

twitterツイート

今週、Apple MusicのBeats 1から放送されたエルトン・ジョンのラジオ番組『Rocket Hour』にQティップがゲスト出演し、エルトンはア・トライブ・コールド・クエストを「最も影響力があるヒップホップ・バンド」と称賛した。

◆『Rocket Hour』画像

エルトンは、彼らのラスト・アルバム『We Got It from Here... Thank You 4 Your Service』(2016年)にゲスト参加し、収録曲の1つ「Solid Wall Of Sound」でコラボしていた。

エルトンはこう話した。「僕は、あれをプレイできすごくハッピーだった。僕らはそこで初めて会ったんだよね。君らがロンドンへ来て、スタジオで曲を作った。僕にとってとても光栄なことだったよ。すごくワクワクした。本当に気に入ってるんだ。素晴らしい曲だ。最高のアルバムだ。アルバムを出して身を引くつもりなら、ああいうものを作らなきゃ」

エルトンから「最も影響力のあるヒップホップ・バンド」と称えられたQティップは、「あなたからお気に入りの曲だって言われるなんて、自分のことつねらないと。いまでも、夢見てるんじゃないかって気がしてる。別の宇宙にいるみたいだ」と、喜んだ。



Qティップは昨年、レディー・ガガ、コールドプレイ、エド・シーラン、サム・スミス、ザ・キラーズらがエルトンに敬意を表し、彼の名曲をカバーしたアルバム『Revamp: Reimagining The Songs Of Elton John & Bernie Taupin』にも参加した。彼はデミ・ロヴァートと「Don’t Go Breaking My Heart」をカバーした。

Qティップは現在、新たなソロ・アルバムを制作している。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報