Hiroのもいもいフィンランドvol.65「Temple Ballsのミュージックビデオ「Distorted Emotions」撮影舞台裏レポ」

ツイート

フィンランドの若手ハードロックバンドTemple Balls待望のセカンドアルバム『Untamed』がこの3月に発売になりました。このアルバムからの先行シングルとなった「Distorted Emotions」のミュージックビデオ撮影が行われるという話を聞き、撮影に立ち会えるかどうかを問い合わせてみたらOKの返事が!というわけで、2月初めヘルシンキでバスを乗り換え撮影スタジオのあったラハティまで行ってきました。


今回のミュージックビデオの監督はフィンランドの人気ロックカメラマン、ヴィッレ・ユーリッカラ!ヴィッレはこれまでにNightwish、HIM、Apocalyptica、Michael Monroe、The 69 Eyes、Santa Cruzなど実に数多くの人気バンドやアーティストの写真を撮ってきました。フィンランド以外でもBackyard Babies、一時アメリカLA在住中にはGood CharlotteやSlash、Chester Benningtonなども撮ったことがあり、The 69 Eyesの北南米&アジアツアーに同行し写真集「Route 69」を発売した他、Nightwishの本「Dark Passion Gallery」、Apocalypticaの本「Photobook」も発売しています。さらに近年はMichael Monroe、Apocalyptica、Reckless Love、Sonata Arctica、The 69 Eyes、The Local Band、Santa Cruz、Bullet for My Valentineなどなどここにはあげきれないぐらい実に数多くのミュージックビデオも手掛けています。ヴィッレと最後に会ったのは2年ほど前ヘルシンキ市立美術館HAMで開かれていた彼の撮影したHIM写真展でのこと。覚えてくれてるかな?と思ったのですが、スタジオに着くと暖かく迎えてくれました。

5人のメンバーのうち、4人がフィンランド北部のオウル在住ということで、4人はオウルから車でフィンランド南部に位置するラハティに前夜遅くに到着。翌朝9時からミュージックビデオ撮影に。私が到着したのがお昼頃で、すでにいくつかの撮影を終え、ちょうどドラマー、アンッティの撮影が行われていました。


スタジオには白い幕が張られている一角と、黒い幕の一角があり、同じ撮影を両サイドで行っていました。





撮れた映像をチェックするヴィッレとアンッティ。


撮影を眺める他のメンバー。


待ち時間も楽しいイミとアルデ。


待ち時間もギターを手放せないイリ。


撮影時の曲は通常速度の他、遅くなったり早くなったり。曲をかけるヴィッレとアルデ。


ドラムの撮影だけで、私がいってから2時間以上かかってました。ミュージックビデオの撮影だけでドラムスティックの消費もすごい!


写真を撮らせてもらおうとしたらドラムをたたくひょうきんな監督ヴィッレ。


途中ランチにオーダーしたピザをほおばり撮影は続きます。次はアーティスト写真の撮影。「もうちょっとこっち向いてくれる?」「うん。いいよ!いいよ!最高」「う~ん、ちょっと場所変わろうか。」など指示をしたり、ほめたりしながら連写!プロのカメラマンというのはこうやってスタジオ撮影するんだなぁ~と興味深く眺めさせてもらいました。




撮った写真をパソコンに取入れすばやくチェック。


さて次はヴォーカル撮影。ライトの角度をかえてみたり、スモークをたいたり、扇風機で風を送ってみたり、丸いわっかのライトも登場。


途中人出が足りなくなりスモーク係にギタリストのニコ(手前後ろ姿)が!


撮影を見守るアンッティとイリ。


スモーク係休憩。


休憩所をのぞいてみると、前日の長距離ドライブで疲れていたのかお昼ね中のイミが。


撮影の途中でスタジオの天井の端っこになぜか掲げられていた大きなカマに目がいったヴィッレ。それを使って撮影ずることに。カマの先の刃の部分がゆるくて、勢いつけて振り回したら先が飛びそうでやばい。ゆっくり気を付けながら動作するヴォーカルのアルデ。それでも近くで見てるとカマの先が飛んでこないかちょっとひやひや。



無事カマを持っての撮影を終え、カマは元あった場所に戻されました。席を外してしばらくしてスタジオに戻ってみるとアルデは裸足で床に。手の動きの指導を受けるアルデ。ミュージックビデオでも演技力がいるものですね。







その後は一気にギターとベースの撮影に!



この時点で時間はすでに夕方6時に。そろそろ帰らなくてはならず撮影最後まで立ち会えなかったのは残念でしたが、ミュージックビデオ撮影に快く立ちあわせてくれたバンドとヴィッレに感謝!


撮影終了後、ヘルシンキ在住のニコとヘルシンキに残ったアルデをのぞいて他のメンバーは夜間運転してオウルまで戻ったそうであります。お疲れ様でした。

このTemple Ballsのミュージックビデオ「Distorted Emotions」こんな仕上がりになりました!観てみてください。


ヘビーにロックにスケールが大きくなった待望のセカンドアルバム『Untamed』まだの方チェックして聴いてみてください。前回の「Hiroのもいもいフィンランド vol.64」ではTemple Ballsのインタビューを掲載しています。そちらもぜひあわせて読んでみてくださいね。

写真、文:Hiromi Usenius

◆【連載】Hiroのもいもいフィンランドまとめページ
この記事をツイート

この記事の関連情報