【インタビュー】YUKKE&SATOち [MUCC]、「アルバムを3D化して劇場で見せる感じ」

twitterツイート

MUCCが2月13日、コンセプトアルバム『壊れたピアノとリビングデッド』リリースした。『T.R.E.N.D.Y. -Paradise from 1997-』以来、3年8ヵ月ぶりにリリースされるコンセプトアルバムに収録された全9曲には、未発表デモを掘り起こして蘇らせた“ウォーキングデッド”ならぬ“リビングデッド”な楽曲も。そして、そのサウンドは“ホラー”に貫かれた。

◆『壊れたピアノとリビングデッド』画像

先ごろ公開した特集第一弾となる逹瑯とミヤのインタビューでは、ピアノがフィーチャーされたアルバムであり、140曲〜150曲もあった過去のデモから採用したもの、ここ最近のライヴで演奏されていたもの、新たに描き下ろしたものが混在した作品であることが明らかとなった。

第二弾はYUKKEとSATOちのインタビュー。Zeppツアーをスタートさせたこのタイミングで、ライヴの手応えを訊きながら、アルバム&ライヴ『壊れたピアノとリビングデッド』の核心に迫るロングインタビューをお届けしたい。

   ◆   ◆   ◆

■バンドマンを目指す男の子たちが
■楽器で遊んでいるようなムード

──新作『壊れたピアノとリビングデッド』が完成してから、しばらく時間も経ち、ツアーもスタートさせて新曲もすでに披露しています。改めてどんな印象を新作に抱いていますか?

YUKKE:リリースして1ヵ月ぐらいなんですけど、作り始めたのがほんとにここ最近の話なんで。すごく短い制作期間の中で作って出して、もうライヴも始まって。リアルタイムに旬を聴いてもらっている感じもするし。旬といってもコンセプトアルバムなので。



──「ホラーというコンセプトから始まった」と逹瑯やミヤから聞きました。

YUKKE:うん。もともと“リビングデッド”というキーワードが付いたものではなかったけど、それを付けたことで逆に作りやすさがあって。ライヴ演出の考えやすさもあるし、グッズだったり、ネット番組だったり、いろいろアイデアも膨らませやすくなっていって。そういうこともすごく考えながら活動を進めているという、濃い1〜2ヵ月を今、過ごしている感じがします。アルバムの手応えも、聴いてくれた人たちの反応もいいものが多いし、“これがMUCCだよね”と言ってくれる意見も多くて。そう言ってもらえるのは純粋に嬉しいし。9曲という少ない曲数のアルバムではあるけど、凝縮して聴かせられたんだなって手応えもあって。今までのアルバムは14〜15曲入っていたけど、9曲ぐらいだと、一言で感想ももらいやすいのかなと。

──CDやダウンロード時代だと曲数が多いのが普通になってしまったけど、アナログアルバム的なサイズのほうが、作品としてキッチリまとまりやすいところも?

YUKKE:そうそう。9曲ぐらいのほうが伝わりやすいのかなってことは感じてますね。




▲ZEPPツアー<壊れたピアノとリビングデッド>2月16日(土)@Zepp Nagoya / Rehearsal

SATOち:『COVER PARADE』(2006年発表)を作ったとき、ミヤがエンジニアっぽいこともやって。それから十何年経った今、ちゃんとエンジニアとして、今回の制作に携わったんです。もちろんメンバーとしてもね。それがめちゃめちゃ大きかったな、と作り終えて思いました。業界の人から、“良かったよ”って連絡もかなりきて。

──自分も連絡したかったけど、そもそもSATOちの連絡先を知らなかった(笑)。音に変な濁りがなくて、オーディオ的にもいい音質だと感じましたよ。

SATOち:うん。レコーディング現場においても、メンバーと外部のエンジニアさんの間に、ちょっと壁も感じたりするんですよ。でもメンバーだけなら、変にかしこまらずにレコーディングに没頭できるというか。ミヤからの「もっとこうなんない?」っていう要望に対して、俺も一生懸命になんとか叶えたいと思うし、こうすればこうなるんじゃないかって発想も湧くし。そういった相乗効果が生まれたり。

YUKKE:いつもとは違う風がスタジオに吹くんですよ、メンバーとマネージャーだけの空気感のなかでレコーディングしていると。SATOちはそれが好きだし、俺も好きだなって。やったことないですけど、ガレージとかでみんなで演奏する雰囲気っていうか。いや、ガレージもないですけど(笑)。


▲ZEPPツアー<壊れたピアノとリビングデッド>2月16日(土)@Zepp Nagoya

──いやいや、地元の茨城にはあるっぺ?

YUKKE:納屋はありますけどね(笑)。トラクターの脇とかで、みんなで練習した……という思い出もないんです(笑)。でもなんか、そういう雰囲気というか。バンドマンを目指す男の子たちが、楽器で遊んでいるようなムード。それもちょっと感じたりしながらレコーディングしましたね。

──バンドを楽しんでやる、メンバーそれぞれの最大限で曲を表現しようとする。それらが思いっきりフィードバックされるような状況やマインドに?

YUKKE:そう、心持ちがいつもより高いテンションというかね。そういうのはあったかもしれない。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報