【インタビュー】首振りDolls、とはなんぞや? 結成から新作AL『アリス』に至る音楽性

ツイート

2018年4月25日にキングレコードからフルアルバム『真夜中の徘徊者~ミッドナイトランブラー』でメジャーデビューを果たし、12月に新たに加入したベーシスト、ショーン・ホラーショーを迎えて新体制初となった首振りDolls。

Dr/Voナオ、G/Voジョニー・ダイアモンド、Bショーン・ホラーショーが放つ音楽は、昭和歌謡やガレージロックをルーツとしたナオの個性に、初期パンクやハードロックをルーツとするジョニーの作曲センスとファンキーかつグルーヴィな楽曲をルーツとするショーンの要素が融合した、独自でジャンルレスな【首振りDollsという新たなジャンル】と言えるだろう。

5月22日に待望のニューアルバム『アリス』をリリースすることを発表した首振りDolls マンスリーインタビュー第2弾は、【首振りDollsというバンドはいったいどんなバンドなのか?】に迫ってみることにした。

◆首振りDolls 画像

──前回の第1弾では、ショーンくんが入って……っていうところでしたね?

ナオ:はい。

──今回はさらに、首振りDollsとはなんぞや? という首振りDollsというバンドの音について詳しく語ってもらおうと思います。首振りDollsはジョニーとナオから始まったわけだけど、当初、どういう音楽性にしようという話から始まったの?

ナオ:地元のホームでもある小倉FUSEの前身ライブハウス〝バグー〟の元店長の後藤さん(故)がまずジョニーと俺を引き合わせてくれたんです。

ジョニー:後藤さんのイベントで、前の俺がやりよったバンドとナオがやりよったバンドが対バンして、そこで知り合ったんやったかな?

ナオ:そうそうそう。

ジョニー:それが『真夜中の徘徊者』っていうイベントやったんよね。

──なるほど、だからメジャーデビューアルバムに『真夜中の徘徊者』っていうタイトルを付けたんだね。

ナオ:そう。首振りDollsはそこから始まったから、どうしてもそのタイトルにしたくて。音楽性に関しては俺とジョニーは似ているとこもあるけど、少し違っていたりもするんです。ジョニーは出逢ったときは、もっとロックンロールっていうかパンクだったんだよね。当時の俺はもっとわかりやすいロックンロールバンドをやっていたんです。THEE MICHELLE GUN ELEPHANTみたいな。「ザ」が”THEE”でEを2個つけてるっていう…思いっきりミッシェル好きみたいなロックンロールバンド(笑)。音もそのままみたいな感じやったんですよ、好きすぎて(笑)。

ジョニー:俺も昔やってたバンドの「ザ」も”THEE”やったわ(笑)!

ナオ:“THEE”やちがちよな(笑)。

ジョニー:やりがちやりがち(笑)! 

──2人が首振りDollsでやりたかった音楽はどんな感じだったの?

ジョニー:俺は首振りDollsで日本語ロックをやりたかった。スライダースとか、村八分とか…それがそのとき俺のブームやったけ、それっぽいのを作りたかった。

ナオ:言ってたね。新しくバンドしたいからドラム叩いてくれって言われたんですよ。それが首振りDollsの始まりでしたね。最初は全然ロックンロールとは遠い感じの、フォークに近い曲をやってたんですよ。「遠回り」って曲とか、今もよくライヴでやってる「ロックンロール」とか「タイムマシーン」が紛れてましたね。

──今も当時の古い曲をライヴでやっていたりするけど、違和感ないよね。

ナオ:うん、全然ないですね。

──その頃ショーンはまだ別の人生を歩んでいたんだね。

ショーン:そうですね、まだ首振りDollsに入ることになるとは思わず生きてましたね(笑)。

ナオ:まだそのときは首振りDollsっていう名前が付いていなかったかも。ジョニーと2人で 小倉のBarで飲みながらバンド名を決めたんですけど、あの頃はみんなでジョニーの家に集まって、衣装は古着屋で買ってきて。

ジョニー:最初は全部俺のお下がりやったよね(笑)。

ナオ:そうそう。全部ジョニーの服だった(笑)。

──なんだかキュンとする話だね(笑)。最初に作ったインディーズで作ったアルバム『首振人形症候群』はすごく完成度高いよね。

ナオ:結構すぐ売れちゃったんですよ。

ショーン:あ、それ、貰いました!

ジョニー:ネットで売ったら今、高値で売れるみたいよ!

ナオ:オークションで5万とかついてたよ!

ジョニー:ホントっ!? お金に困ったときは是非(笑)!

ショーン:あははは。絶対売らない(笑)!

ナオ:てか、俺持ってない……(苦笑)。

──本人なのに(笑)。すごくガレージ色の強いアルバムだよね『首振人形症候群』は。5月22日にリリース予定のメジャー2ndアルバム『アリス』はちょっとそこに近い匂いもする原点回帰を感じたりもするし、結成当初から首振りDollsの良さが凝縮された1枚が既に出来上がってた感はあるよね。

ショーン:たしかに。それは思いますね。側から見ていてすごくいいなぁっていう印象でしたからね。音デッカ! みたいな(笑)。

ナオ:音でかいね(笑)。

ジョニー:音ちょっとデカすぎたな、今思えば。

ナオ:まぁね(笑)。でも、本当にめちゃめちゃバカ全開でさ(笑)。どんな感じの音にしたいかって聞かれて、何か参考になるCD持ってきてって言われて、ジョニーが持ってきたのがThe Stoogesの『Raw Power』で。

ジョニー:イギー・ポップが自らマスタリングしたやつ。リマスターみたいなやつで、バカみたいに音がデカイの。その『Raw Power」よりデカイってアウトやけん(笑)。

ナオ:この音で録りたいってジョニーが言ったんだけど、もう誰が聴いたって音がいいっていうか、それ以前にめちゃくちゃ…

ジョニー:うるせぇ。

ナオ:そうそう(笑)。ただうるさい(笑)。

ジョニー:びっくりするやつね(笑)。

ナオ:でもそれがカッコいいんですよ! “それがやりたい!”って言って作ったのが、初めて首振りDollsとして作ったアルバム『首振人形症候群』なんです。

──初期衝動や荒っぽさも、ここに原点があるんだなと。

ナオ:あれ一発録りやったもんね。

ジョニー:ほぼね。

ナオ:うん。ほぼ一発録り。

──ショーン的にはさ、あんまりガレージってそんなにルーツに無いわけでしょ?

ショーン:そうですね。でも、そこにルーツはなくとも、首振りDollsの音は惹かれるものがあるんですよ。音源ももちろんすごくカッコイイんですけど、一番はやっぱりライヴのインパクトからでしたね。音源以上にさらにいいんです。

──ショーンが首振りDollsのライヴを観て惹かれた部分は、どういうところだったの?

ショーン:メイクと、パフォーマンスと…とにかくアグレッシヴな魅せ方でしたね。そこは今もずっと変わってないなって思います。個人的にライヴパフォーマンスがカッコイイバンドが好きなので、首振りDollsもそこに凄く惹かれましたね。

──でも、ショーンはグルーヴィな音楽ジャンルがルーツだから、ある意味首振りDollsが個性としていた音楽性にはあまり馴染みがなかったわけでしょ?

ショーン:たしかにそうなんですけどね、首振りDollsの音楽には本当にすごく惹かれる個性を感じるんです。好きなジャンルじゃなくても絶対にいいなって思えると思うというか。いろんな要素が入っているんですよ。

──たしかに。いろいろ入っているから、誰でも好きになれる要因がそこにあるというか。

ショーン:そうですそうです。

ジョニー:たしかに、元々初期メンバーの首振りDollsの3人とも全然バラバラやし、そういうのは全く気にしたことが無いというか。

ナオ:うん。そういえばジャンル気にしたことはないよね。

ジョニー:多分ショーンが実はHIPHOPしか聴かないんです! みたいな感じでも全然受け入れられる感じがするというか。

ナオ:どうにかなるよね。

ジョニー:うん。取り入れよう! 取り入れよう! ってなるし、レゲエしかしません! って言っても、全然あり。

ナオ:うん(笑)。全然取り入れるね。なぜならば、何をやっても首振りDollsになるから。

ショーン:それは感じますね。本当に、ジョニーがギターを弾いて、ナオくんが歌えば不思議と首振りDollsになるんです。本当に。

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報