吉井和哉がTVCM初出演、最強にハジけた踊り披露

ツイート


4月2日(火)より全国で放映される「サッポロ 本格辛口」の新TVCMに、THE YELLOW MONKEYの吉井和哉が起用された。

◆CM映像

CM映像では、本商品の一番の特徴である“喉にガツンとくる刺激”を表現するために、「ノド唸レ」というキャッチコピーのもと、モノクロベースの構成、短いカット割り、テンポのよい編集で商品の世界観を表現している。THE YELLOW MONKEY19年ぶりのオリジナルアルバム 『9999』(4月17日発売)にも収録される楽曲「天道虫」を使用し、エネルギッシュなサウンドで映像の疾走感を演出した。

今回がTVCM初出演となる吉井は、その炭酸の湧き上がる刺激を表現するために、吉井史上最強のハジけた踊りを披露しており、ノドの奥底から唸っている。撮影は海のそばの倉庫で実施され、過去にプロモーションビデオ制作でタッグを組んだ竹内スグル監督と吉井の息の合った撮影が進行したようだ。「天道虫」が流れる中、ミュージックビデオのように吉井は歌い踊り、本人も「ライブのように楽しくできた」と述べたという。






吉井和哉へのインタビュー・テキストも到着している。

  ◆  ◆  ◆

── サッポロ 本格辛口を飲まれた率直な感想をお聞かせください。

吉井:「最強炭酸というだけあって喉にガツンとくる感じです。もう、ライブ終わりにガツンと飲みたいですね!」

── 今回の広告に出演された感想をお聞かせください。

吉井:「グラフィックの撮影はライブハウスでやらせていただいたんですけど、そこはやっぱり初めてだったしステージ上で一人だったので若干緊張しましたが、このCM撮影はライブと同じようなシチュエーションで、監督は以前PVを撮っていいただいた方だったので、すごく意気投合してリラックスして、これはライブのままやればいいんじゃないかな、という感じでCM撮影も本当に楽しくできました」

── 今回TVCM初出演とのことですが、話をもらった時どう思いましたか。

吉井:「本当にありがたかったです。これは天命かな!と思いました。ちょっと調子乗ってますけど、そう思いました(笑)」

── 今回のコミュニケーションテーマである「ノド唸レ」の唸りをやってみていかがでしたか。

吉井:「ライブをやっていて盛り上がってくると自然に“えぇー”とか“おぉー”とか私もすごく唸り声をあげるタイプなんですけど、まあ唸ると本当にストレス発散にもなりますし、自分の中のみなぎるパワーみたいなものが非常に湧き出てくるのでその感じと非常に似ていましたね」

── 今回の撮影で“唸る”シーンがありましたが、私生活で“唸る”ことはありますか。

吉井:「私生活で唸ることですか、、、(笑)。釣りが趣味なんですが、魚を釣り上げて魚の口を掴んだ瞬間にやっぱりどうしても唸りますね。相当真面目に唸りますね(笑)」

── サッポロ 本格辛口のCMでは19年ぶりのTHE YELLOW MONKEYオリジナルアルバム内の楽曲「天道虫」が使用されていますが、この楽曲とサッポロ 本格辛口がリンクする部分はありますか。

吉井:「この楽曲はTHE YELLOW MONKEYにしては短い曲で、そのかわりすごくエネルギーが集約されていて、まさに弾ける楽曲だと思っています。同時に骨太で男らしい、ちょっと悪い感じの、まさに刺激的な曲なので、この最強炭酸のノドに押し寄せる衝撃や、刺激といったものがリンクすると思っています。世の中に衝撃を与えたいという気持ちは僕たちも本格辛口も同じだと思います」

  ◆  ◆  ◆



■9th Album 『9999』(読み:フォーナイン)


2019年4月17日(水)発売
・初回生産限定盤(CD+DVD)WPZL-31619/20 \4,500(税別)
・通常盤(CD)WPCL-13119 \3,000(税別)
・アナログ(2LP)  WPJL-10119/20 \5,000(税別)

CD予約URL:https://tym.lnk.to/9999Pu

【初回生産限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31619/20
<CD>
M1. この恋のかけら
M2. 天道虫
M3. Love Homme
M4. Stars (9999 Version)
M5. Breaking The Hide
M6. ロザーナ
M7. Changes Far Away
M8. 砂の塔
M9. Balloon Balloon
M10. Horizon
M11. Titta Titta
M12. ALRIGHT
M13. I don't know

<DVD>
(1)再集結以降に行われたライブから「SELECTION of THE YELLOW MONKEY」と題した選りすぐりのライブ映像10曲を収録。
・楽園(2016.05.11 国立代々木競技場 第一体育館)
・熱帯夜 (2016.08.28 福島・あづま総合体育館) 
・ROCK STAR (2016.09.01熊本B.9 V1)
・パンチドランカー (2016.12.18 倉敷市民会館)
・聖なる海とサンシャイン (2016.12.28 日本武道館)
・O.K. (2017.11.05 三重県文化センター(大ホール)) 
・ALRIGHT (2017.12.10 東京ドーム) 
・追憶のマーメイド (2017.12.28 福岡ヤフオク!ドーム) 
・天道虫 (2018.12.28 日本武道館)
・Subjective Late Show (2015.08.某日 都内スタジオ) 

(2)YouTube番組「STORY of THE YELLOW MONKEY」の未公開レア映像を含む、アルバム制作期間中のドキュメンタリー映像

【通常盤】(CD)
WPCL-13119
<CD>
M1. この恋のかけら
M2. 天道虫
M3. Love Homme
M4. Stars (9999 Version)
M5. Breaking The Hide
M6. ロザーナ
M7. Changes Far Away
M8. 砂の塔
M9. Balloon Balloon
M10. Horizon
M11. Titta Titta
M12. ALRIGHT
M13. I don't know

アルバム購入特典:CD先着購入
対象店舗にて初回生産限定盤、もしくは通常盤を購入すると先着で、16年ぶりのアリーナツアー幕開けとなった2016年5月11日国立代々木競技場 第一体育館にて演奏された「プライマル。」のライブ映像をオリジナル編集にて収録したDVD、「SELECTION of THE YELLOW MONKEY 【primal】」をプレゼント。

<対象店舗>
・Amazon.co.jp
・HMV 全店(HMV&BOOKS Online含む/一部店舗除く)
・TOWER RECORDS 全店(オンライン含む/一部店舗除く)
・TSUTAYA RECORDS(一部店舗除く)/ TSUTAYAオンラインショッピング(予約のみ)
・山野楽器CD/DVD取扱店及びオンラインショッピング(一部店舗除く)
・楽天ブックス
・WonderGOO/新星堂(一部店舖除く) および新星堂WonderGOOオンライン
・サポート店
※サポート店特典の対象店舗は後日発表いたします。
※初回生産限定盤、通常盤ともに同一内容の特典となります。
※一部取扱いのない店舗もございます。
※特典はなくなり次第終了とさせていただきます。
※特典の有無に関するお問い合わせは直接各店舗へご確認下さい。

【アナログ】(2枚組LP)
SIDE A
1. この恋のかけら
2. 天道虫
3. Love Homme

SIDE B
1. Stars (9999 Version)
2. Breaking The Hide
3. ロザーナ
4. Changes Far Away

SIDE C
1. 砂の塔
2. Balloon Balloon
3. Horizon

SIDE D
1. Titta Titta
2. ALRIGHT
3. I don't know
アナログ購入特典:『9999』ジャケットステッカー
※特典の有無に関するお問い合わせは直接各店舗へご確認下さい。

【ダウンロード・アルバム】
M1. この恋のかけら
M2. 天道虫
M3. Love Homme
M4. Stars (9999 Version)
M5. Breaking The Hide
M6. ロザーナ
M7. Changes Far Away
M8. 砂の塔
M9. Balloon Balloon
M10. Horizon
M11. Titta Titta
M12. ALRIGHT
M13. I don't know
M14. 毛皮のコートのブルース ※ボーナストラック

【iTunesプレオーダー期間限定盤】(2019年1月25日〜4月16日まで販売)
CD収録と同じ13曲、収録曲のbacking track 13曲に加え、ダウンロード・アルバムのボーナストラックである『毛皮のコートのブルース』全27曲を収録。
予約注文URL:https://theyellowmonkey.lnk.to/Idontknow_iTsPu

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス