辻井伸行、世界的コンサートホールから白羽の矢

ツイート
(C)Yuji Hori

ニューヨークのカーネギーホールで5月に開催が予定されていた世界的ピアニスト、マレイ・ペライアのリサイタルが急遽キャンセルとなり、辻井伸行がその代役に抜擢された。

辻井がカーネギーホール主催公演にてソロで演奏するのは、2011年のデビューリサイタル以来。これまでにニューヨークのオーケストラと共に度々同ホールの舞台に立ち、高い評価を受けてきたことが、今回の名誉あるホール主催のソロ公演への抜擢の理由と考えらえる。カーネギーホールリサイタルの詳細は下記参照。


2019年5月10日 現地時間20時開演
(プログラム)
サティ:3つのジムノペディ
ドビュッシー:映像 第一集
ラヴェル:ソナチネ
ショパン:スケルツォ(全曲)

◆辻井伸行 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報