Play.Goose、ワタナベシュウヘイが公開サプライズプロポーズ

ツイート


Play.Gooseが、3月29日(金)に開催された初ワンマンライブにてI-PRIMO(アイプリモ)CMオリジナル曲「プロポーズ」を生歌初披露。メンバーのワタナベシュウヘイが結婚していたことを初めてファンに公表し、その場で公開サプライズプロポーズに挑戦した。

◆Play.Goose 画像

「プロポーズ」は、ブライダルジュエリー専門ブランドI-PRIMOが2016年のCMに使用したオリジナル楽曲。等身大の男性の“覚悟”の気持ちを綴った歌詞が共感を呼び、その後楽曲を手がけた市川喜康とPlay.Gooseとのコラボレーションで2コーラス目が制作された。





また、楽曲制作記念として、I-PRIMOがワタナベシュウヘイの公開サプライズプロポーズをサポート。3月29日(金)Zepp DiverCityでのプロポーズにはI-PRIMOの婚約指輪が用いられた。さらにワタナベの“決意”をI-PRIMOがサポートする様子から、見事OKの返事をもらうまでの感動の様子を収めたWEB動画が6月に公開予定とのこと。

なお、本コラボレーションにより新たに生まれ変わった楽曲「プロポーズ」を使用した公式WEBムービーは本日3月29日(金)より公開されている。

■Play.Goose コメント
(I-PRIMO CMオリジナル楽曲「プロポーズ」について)
今回コラボレーションさせていただく「プロポーズ」は、自然と大切な人のことが思い浮かぶ、印象的な曲です。多くの方がCMなどで耳にしたことがあると思いますが、今回カバーさせていただくにあたり、女性メンバーを加えるなど新たな要素を追加し、オリジナルとは違ったイメージになるようアレンジしました。原曲は繊細で優しく包み込むような愛を歌っていましたが、その奥にある力強さを引き出すことを意識して、エモーショナルに聞こえるように、アレンジと歌唱法に生かしました。
愛する人のことを思い浮かべながら、その人に話しかけるように、あくまでも自然体でいつもの自分で素直に歌えるか、という点と、バラードだけど言葉のはまりや、歌のリズムがキーになってくる曲なので、そこを大事にしながら歌うことがポイントです!
オリジナルを知っている人にも知らない人にも、大切な人のことが思い浮かぶような心に響く曲になったら嬉しいです。


■「プロポーズ」作詞/作曲:市川喜康、Play.Goose

◆「Play.Goose」YouTube チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCx66obAJ42B0XwHIm_iupkw


◆「Play.Goose」 公式サイト
https://playgoose.jp/
この記事をツイート

この記事の関連情報