エルヴィス・プレスリー新映画、トム・ハンクスがマネージャーのパーカー大佐役の候補に

ツイート
(C)ElvisPresleyEnterprises

アメリカのエンターテインメント専門誌『Variety』によると、ワーナー・ブラザーズが製作するエルヴィス・プレスリーのバイオグラフィ映画でプレスリーのマネージャー、トム・パーカー役の候補にトム・ハンクスが浮上しており、現在、交渉中だという。

◆エルヴィス・プレスリー画像

映画は、『ロミオ+ジュリエット』(1996年)、『ムーラン・ルージュ』(2001年)、『華麗なるギャツビー』(2013年)などを手掛けてきたバズ・ラーマンが監督。彼は上記3作同様、クレイグ・ピアースと脚本を共同執筆するという。

オランダ出身のパーカー大佐は、10代終わりでアメリカへ密入国。それを隠すために、アメリカ陸軍に志願したと言われる。除隊後、様々な職に就き、1930年代後半から音楽業界にたずさわり、50年代半ば、エルヴィスと出会った。

『Variety』によると、ラーマン監督はかねてからハンクスに大佐を演じて欲しいと望んできたが、エルヴィス役には大御所や有名な俳優ではなく新人を希望しているという。


タイトル、公開日等はまだ決まっていない。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報