【インタビュー】MINT mate box、幅広くなったサウンドと心を突く歌詞で魅力を増した4th E.P.「Highlight」

ツイート

■ソウルを込めてもう1回」とか言って
■「ソウルってなんだよ?」みたいな(笑)


――続いてプレイに関する話をしましょう。今作を作るにあたって、それぞれ演奏面や音作りなどでこだわったことは?

KJ:今回は“主張するギター”ということを意識しました。今までは歌を立たせるギターというイメージが強かったと思うけど、もっと自分の個性を出したほうがバンド感につながるなと思って。特に、「present」はここまで歌を無視したギターを弾いたのは初めてで、もう好き放題やらせてもらいました。

――「present」や「hanabi」ではカッティングをされていますが、カッティングもKJさんのグルーブを活かしている印象を受けました。

KJ:特に「present」はそうですけど、今回のギターは若干粗いんですよ。自分の中では冒険の部分もあったけど、キッチリさせ過ぎると小さく纏まってしまうんですよね。それが嫌で、生々しさを重視しました。

mahocato:私は、今回のギターでは「oversized」のギターが一番好きです。ちょっとジャジーな感じがあって、すごくいい。KJに、一生こういうギターを弾いてくれと言ったら、それは楽曲によって合う、合わないがあるから難しい、といわれました(笑)。

KJ:そりゃ、そうだって(笑)。「oversized」は、かなり難しかったですね。初挑戦のリズムだし、こういうふうにずっとクリーンに近い音で弾くというのも初めてだったので、馴染むまで結構大変でした。

mahocato:この曲のギターは、音の切れ目感がすごくいいと思うんですよ。“チャッ”じゃなくて“トゥラッ”という。

KJ:今回はそういう話を、すごくしたよね?

mahocato:今回私は他の楽器のレコーディングの時も色々意見を言わせてもらって。そこは“トゥワン”じゃなくて、“トゥワーン”って弾いて」とか(笑)。

やすだ:そう、それで“トゥワーン”ってなに?…みたいな(笑)。

mahocato:ニュアンスを言葉で伝えるという(笑)。さっき話した「恋の殻」のギター・ソロも「違う、ソウルが感じられない。ソウルを込めてもう1回」とか言って、「ソウルってなんだよ?」みたいな(笑)。

KJ:今回のレコーディングは、そういう話し合いに一番時間がかかりました。で、当のご本人は後日、気持ち良く歌うという(笑)。

mahocato:アハハッ!

KJ:あと、僕はテレキャスターをメインにしているんですけど、「恋の殻」はレスポールを使いました。曲のイメージを詰めていく中で、これは絶対にレスポールだなと思って。

やすだ:今回自分的に大きかったのは、ベースを替えたことです。前はショート・スケールのベースを使っていたんですけど、前作の制作を終えてライブをまわるうちに、どうしても音が物足りないなと感じることが増えて。それで、思い切って今回のレコーディングからフェンダーのプレシジョンベースに替えて、より自分がイメージしている音を出すことができました。あとは、今回初めてアレンジを自分達でするにあたり、「present」と「恋の殻」は3人でヤマモトショウさんのスタジオに行って、イメージを共有したんです。なのに、その後いざ音を合わせてみると、各自思っていた方向性がバラバラで。「あれ? そういうことだったの?」みたいな(笑)。「私は、この曲のこの部分をリファレンスにするつもりで持ち帰ったのに、君は違かったの?」ということが多々あって。初めてそういうことにも直面しながら詰めていったので、難しさも感じたけど、その分すごく充実感がありました。1曲1曲自分の色をどう出そうかとか、今まで弾いたことのないフレーズにどう挑戦していこうか、といったことを考えるのがすごく楽しかったです。


――ベースもよりやすださんの顔が見えるようになっていますね。

やすだ:MINT mate boxは結成当初、バンドとしてもそうですが、色々な楽曲にチャレンジしていて、その中で“自分らしいプレイ”というものが見つけられなかったんです。要求されることが曲ごとに違うから、どうやって自分の色を入れていけばいいのかわからなかった。それが、自分の中で整理でき始めたというか、自分はここでこういうアプローチをしたい…ということが定まってきたので、今回はそれを活かせたなと。特に「oversized」はいろんなフレーズが入っていて弾くのがすごく楽しいです。

――グルーブにもさらなる磨きがかかっていますよね。いいベーシストはエロいベースを弾くとよく言われますが、そういうベースになりつつあることを感じます。

やすだ:ありがとうございます!(笑) それは、声を大にして言いたい(笑)。“エロいベース”というのは褒め言葉なんですよね。

mahocato:やすだは女子としてもエロくなりなよ(笑)。

やすだ:うるさい!(笑)

mahocato:冗談だよ(笑)。また「oversized」の話になりますけど、「oversized」の歌詞を英語で書いたことで、英語が音符に対してどういう作用を果たしているのかを知ったんです。日本語は一つの音符に対して1音しか乗らないけど、英語は一つの音符に5~6音くらいでも乗せられる。それがコロコロしていて心地好い。一方で日本語は1個の音符に1音をはめていくと思うんですけど、それでどういう作用があるんだろうと思って、いろんな人の音楽を聴いてみたら、一つの音符にきれいに音をあてている人のほうが言葉が入ってくることに気づいたんです。それで、「hanabi」は1音1音に言葉をあてて歌ったら、思ったとおり良かったんですよね。

――その結果、より響く歌になっています。それに、使っている声域が今まで以上に広くなっていませんか?

mahocato:そうなんです。「hanabi」のサビは音程差があって、すごく高い音も出てくるから実はすごく難しくて…なので、この曲は自分の“限界フィルター”を、ぶち壊して歌いました。いつもは歌うときに、これは出ないだろうなと思ったりするんですけど、今回「oversized」の歌詞を書いたことで、そういう思い込みは一切捨てすることにしたんです。自分の限界を知らない状態でいこうと思って、どの曲も歌録りに臨んで、そうしたら限界を超えることができました。

やすだ:今までだったら「oversized」とか「恋の殻」は、キーを少し下げていたと思うんですよ。マホのハイトーンだけじゃなくてミドルをしっかり出したいという話をずっとしていたので、「oversized」は1音くらいキーを下げてもいいかもという話になったんですね。そんな中で、マホが「やってみるか」と言ったので、“おおっ!”と思いました。

mahocato:実際すごく高いんですけど、ギターのフレーズ的にも今のキーが一番心地好く聴こえるということもあって、自分ががんばることにしました。


▲KJ(Gt.)

――本作を引っ提げたワンマン・ツアーも4月に行いますね。

mahocato:「Highlight」は“青春”をテーマにしていて、それをわかりやすく表現したくてイメージ・カラーを青にしたんです。それで、ツアー・タイトルを「J.E.T.」にしたんですけど、その後新しいテーマが出てきて、私の中では“自分エンジョイ・ツアー”という言葉を掲げています。「oversized」で書いたことが元になっているんですけど、自分を出して、みんなを飛行機に乗せて、搭乗してくれたみんなが自分をエンジョイできるツアーにしようと決めました。今回の制作の中で、やっと自分がこのバンドで何を伝えていきたいのかということがわかってきて。みんなのお姉ちゃん的存在として、こういうふうに生きたほうが楽だし、もっと楽しいし、言いたいことはどんどん言っちゃえということをみんなに伝えたいんです。そういう伝えたい思いが出てきたことで、今まで以上にツアーが楽しみだし、いいライブをできると思うので、期待していてほしいです。

KJ:「J.E.T」は、初めてのワンマン・ツアーなんです。ワンマンは自分達と自分達のことを観にきてくれた人達だけで作るステージになりますよね。そこに向かうタイミングでマホが伝えたいメッセージが見えたきたというのは、大きなことだと最近思っていて。ツアーを通して僕らが思っているメッセージをお客さんに伝えられて、その結果みんなの背中を押せればいいなと思っています。

やすだ:マホの心境の変化や芽生えた意志の強さはメンバーもすごく感じているし、自分もプレイヤーとしての気持ちや向き合い方が変わったんです。なので、そういうところを感じ取ってもらえるツアーにしたいですね。ショウとしてライブを見せていくということをテーマに、それぞれの楽曲のライブ・アレンジを今まで以上にしっかりして、“ライブにくる意味”をもっとみんなに体感してもらえるようなツアーにしたい。ひとまわり成長したMINT mate boxを見てもらえると思うので、ぜひ会場に足を運んでほしいです。

取材・文●村上孝之


リリース情報

4th E.P.「Highlight」
2019.4.3 RELEASE
■初回限定盤 特製透明三方背ケース入り CD +Tシャツ(Free size)
MCX-004 \ 3,980 with tax *数量限定
■通常盤 CDのみ
MCX-005 ¥1,500 with tax
<収録曲>
1. hanabi
2. present
3. oversized
4. 恋の殻
5. トワイライト

ライブ・イベント情報

<MINT mate box ワンマン・ツアー「J.E.T.」>
4月7日(日) 大阪・梅田 Shangri-La
■4月9日(火) 愛知・名古屋 ell.FITS ALL
■4月20日(土) 広島・Cave-Be
■4月21日(日) 福岡・INSA
■4月27日(土) 北海道・札幌 COLONY
■4月29日(月祝) 東京・Shibuya WWW X

◆インタビュー(1)へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報