照井利幸率いるSignals、8年ぶりとなる新作完成

ツイート

Blankey Jet City、Rosso、Ravenなどで知られる照井利幸(B)が、枠にとらわれず新たな音楽の可能性を求めて2008年に結成したインストゥルメンタルバンドがSignalsだ。自身が主宰する音楽レーベルWELD MUSICより、前作『Naked Fool』から約8年ぶりの新作として『Moon Fiction』2部作がリリースされる。

◆「Ping」ミュージックビデオ 動画

幾多のメンバーチェンジや再編成の後、Signals第4幕の始まりとなる作品が『Moon Fiction』2部作だ。録音メンバーは照井利幸(Guitar, Bass)、椎野恭一(Drums, Percussion)、細海魚(Keyboard, Hammond Organ)の3名。照井利幸は全ての作曲に加え、ギターとベースをプレイ。深いグルーヴでSignalsのリズムを結成時から支えてきた椎野恭一と、ウーリッツァーやハモンドオルガンとレスリースピーカーによる多彩でしなやかな細海魚のプレイが楽曲を彩る。その第1弾となる『Moon Fiction 001』はまるで一本の映画を観ているかのような高揚感と充足感を感じさせる仕上がりとなった。

『Moon Fiction 001』は4月13日から4月21日の8日間、照井が運営するショップ“THERE”にてCDとアナログ盤の2形態で限定販売される。またこれに先がけて4月10日より各配信サイトで先行配信されることが決定したほか、収録曲「Ping」のミュージックビデオがオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開となった。


■新作『Moon Fiction 001』

2019年4月13日(土)発売
※2019年4月10日(水)各配信サイトにて先行配信


【CD】WMC-007 ¥3,000(税別)
1. Adios
2. Ping
3. Habit
4. Hunger
5. Sign
6. Mars
7. Shame - confusion
8. Shell Blue

【LP】WMR-002 / ¥6,000+税
<Side-A>
1. Sign
2. Hunger
<Side-B>
1. Ping
2. Habit
3. Adios
<Side-C>
1. Mars
2. Shell Blue
<Side-D>
1. Shame-confusion

Produced by WELD MUSIC
Guitar & Bass : Toshiyuki Terui
Drum & percussion : Kyoichi Shiino
Hammond Organ & Wurlitzer : Sakana Hosomi
All songs written by Toshiyuki Terui
All songs arrangement by Signals
Cover artwork by Toshiyuki Terui
※照井デザイン製作のロゴプリントTシャツ、ステッカーも販売

▼THERE
〒153-0051 東京都目黒区上目黒5-4-8
open14:00 / close20:00
※THEREオンラインショップからもご購入いただけます

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス