殿堂入りしたザ・キュアー、ロバート・スミスのコメントにブライアン・メイも大笑い

ツイート

金曜日(3月29日)、米ニューヨークでロックの殿堂式典が開かれ、殿堂入りしたザ・キュアーのフロントマン、ロバート・スミスがレッド・カーペットで発したコメントがSNSを賑わせた。

◆ザ・キュアー画像、動画

無表情でレッド・カーペットに姿を見せた彼は、ザ・キュアーの大ファンだというハイテンションのプレゼンターから「おめでとう! 私と同じように興奮してますか?!」と声をかけられると、「その感じじゃ、ノーだ」とぶっきらぼうに答えた。

これにはブライアン・メイも大笑いしたそうだ。彼は、この動画をインスタグラムに投稿し、「ロバート・スミスは僕のヒーローだ! ごめん ―でも、この数ヶ月でこれほど笑ったことはない!」とコメントした。



ファンの間では「ロバート・スミス、大好き」「これだから、ロバート・スミスは神」「変わってない」などの反響が巻き起こった。

ザ・キュアーは、ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーから功績を称えられ、殿堂入りした。ステージに上がったスミスは「殿堂入りはサプライズだった。すごくナイスなサプライズだった」と、彼らに投票してくれた人たち、ファン、バンド・メイト、彼らの才能を見出したフィクション・レーベルのオーナー、クリス・パリーらへ丁寧に感謝の言葉を述べた。





ザ・キュアーはセレモニーで「Shake Dog Shake」「A Forest」「Lovesong」「Just Like Heaven」「Boys Don't Cry」をパフォーマンスした。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報