リアーナのコスメ・ブランド、新製品を“芸者”と名付け、炎上

ツイート

リアーナがプロデュースするコスメ・ブランドFenty Beautyが、週末、新作コレクションを発表したところ、その中の1つを“Geisha Chic Hunny”と名付けていたことで批判を浴びた。

◆リアーナ画像

“Geisha Chic”は鮮やかな赤系のハイライターで、新作紹介としてプロダクト自体を撮影した画像がインスタグラムに投稿された。芸者をテーマにした広告などがあったわけではなく、名前のみで炎上した。

「アジアの文化を侮辱している」「人種差別」「文化を称えていない。“ゲットー・シック”と名付けるようなもの」「芸者は、西洋社会ではアジアの文化や芸者本来の役割を考慮せず、やみくもに崇拝されたりセックス・シンボルのように捉えられている」などと批判の声が上がり、Fenty Beautyはこれらを受け直ちに、今週末予定していた“Geisha Chic”の発売を中止すると決めたそうだ。

Fenty Beautyは、SNSを通じ否定的な意見を寄せた人たちに「私たちはあなたの意見に耳を傾けます。このプロダクトは名前を変更するまで販売しません。直接、謝罪します。私たちを教育してくださり、ありがとうございます」とのダイレクト・メッセージを送ったという。

一方で、「なにが問題なのかわからない」「アジア人だけど、なんで?」などの意見も上がっていた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報