GLAY・TAKURO、自身初のビルボードライブでツアーファイナル

ツイート

GLAYのTAKUROによるソロライブ<GLAY TAKURO Solo Project 3rd Tour “Journey without a map 2019”>が、4月6日(土)ビルボードライブ大阪にて最終公演を迎えた。

◆<GLAY TAKURO Solo Project 3rd Tour “Journey without a map 2019”>画像

2月27日(水)に自身2枚目となるソロインストアルバム『Journey without a map II』をリリースしたTAKURO。アルバム発売に準じたツアーを3月より行なっており、3月31日に地元・函館にてツアーファイナルを迎え、そして追加公演としてビルボード東京・大阪の4公演も、4月6日(土)にツアーファイナルを迎えた。

ビルボードでのライブはGLAY、ソロ含めて今回が初。もとよりこのソロアルバムはお酒を飲みながら楽しんでもらいたい一枚と語っており、TAKUROとしても念願のライブであった。



ジャズ、ブルースを聞くには最高のシチュエーションである会場の落ち着いた空間のなか、ゆっくりとステージにTAKUROが登場。ライブの最初はアルバムでもこだわったトランペットを主軸にした「TM St.2am」。GLAYのサウンドとは打って変わっていぶし銀のような演奏が会場を包み込む。曲が終わると、デビュー前に大阪のライブハウス「難波ロケッツ」でライブをした思い出を語り、そのまま「TIMELESS WONDER」「北夜色 Port Town Blues」と数曲続けて披露。会場はおのおのお酒を飲みながらTAKUROのギターに酔いしれていった。

ライブの中盤では「一度やってみたかった事があります!みなさんお付き合い願えますか?」と語ると、コール&レスポンスを実施。GLAYではいつもTERUが行なっており、TAKUROもいつかはやってみたかったとの事で、ビルボードでのライブに続いて自身の夢を叶えた瞬間であった。

本編最後にはアルバムの中でもアッパーサウンドである「SARAH 派手にやれ!」を披露。「大阪派手にやれ!」と叫ぶと、サックスがたたみかける激しい演奏がビルボードの熱を上げ、 GLAYとは異なるハードなプレイを魅せて、本編は終了した。


もちろん熱くなった会場からはアンコールが起き、TAKUROもすぐさまそれに応えて再度ステージに姿を現した。「この曲が僕とみんなの想いを繋いでくれると信じています」と語りスタートしたアンコール一曲目は、アルバムリードでもある「やすらぎのチセ」。TAKUROが優しくギターを奏で、タイトル通りやすらぎが会場を包み込んだ。「この旅はまだまだ続いていき、少しでもGLAYのためにと思い、一人のギタリストとして僕はこれからも歩んでいきます。また旅の途中に出会いましょう。 そして6月はGLAYで会いましょう!」と語るとラストナンバー「SOUL FRIENDLY」を披露。トランペットが情熱的に鳴り響き、ツアーファイナルを締めくくった。

夢であったビルボードでのライブを終え、いよいよ次はGLAYのデビュー25周年。この長い旅を終えギタリストとして成長したTAKUROがGLAYでどんなプレイを魅せてくれるのか、今から楽しみである。

Photo by 渡辺一生

セットリスト<GLAY TAKURO Solo Project 3rd Tour “Journey without a map 2019”>

2019年4月6日(土)ビルボードライブ大阪
M1.TM St.2am
M2.DANDY MAN
M3.TIMELESS WONDER
M4.北夜色 Port Town Blues
M5.do svidaniya
M6.Istanbul Night
M7.Swingin’ Tokyo 2020
M8.RIOT
M9.SARAH 派手にやれ!
M10.やすらぎのチセ
M11.SOUL FRIENDLY

<GLAY TAKURO Solo Project 3rd Tour“Journey without a map 2019”>

【発売日】2019年2月27日(水)
・CD+DVD盤 / ¥3,000+税 / PCCN-00033
・CD only盤 / ¥2,500+税 / PCCN-00034
Journey without a map II特設サイト:http://glay.co.jp/takuro_jwam2/

<GLAY LIVE TOUR 2019 -SURVIVAL-令和最初のGLAYとHEAVY GAUGE>

GLAYを代表するアルバム名を20年の時を超え掲げた、新元号初の全国ホールツアー!

公演スケジュール
2019年
5/12(日)静岡市民文化会館大ホール
5/15(水)愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
5/16(木)愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
5/18(土)長野・キッセイ文化ホール
5/22(水)東京・NHKホール
5/23(木)東京・NHKホール
5/28(火)兵庫・神戸国際会館
5/29(水)兵庫・神戸国際会館
6/2(日)北海道・札幌文化芸術劇場
6/3(月)北海道・札幌文化芸術劇場
6/6(木)宮城・仙台サンプラザホール
6/7(金)宮城・仙台サンプラザホール
6/11(火)新潟県民会館
6/13(木)神奈川県民ホール
6/14(金)神奈川県民ホール
6/18(火)広島文化学園HBGホール
6/20(木)大阪・オリックス劇場
6/21(金)大阪・オリックス劇場
6/25(火)福岡サンパレス
6/26(水)福岡サンパレス

<GLAY 25th Anniversary “LIVE DEMOCRACY”」>

場所:メットライフドーム(旧:西武ドーム)
日程:8月17日(土)、8月18日(日)
公演時間:開場15:00/開演17:00/終演20:00終演予定
URL:http://www.glay.co.jp/live/
4/5よりFC会報封入チラシにて、チケット先行予約スタート。
プレイガイド最速先行 5/24(金)開始予定

『HEAVY GAUGE Anthology』

2019年5月8日(水)発売
価格:8,281円+税 品番:PCCN. 90006
形態:2CD+Blu-ray
先着予約購入特典:オリジナル・ステッカー

Disc1(CD)
1. HEAVY GAUGE
2. FATSOUNDS
3. SURVIVAL
4. ここではない、どこかへ
5. HAPPINESS
6. summer FM
7. LEVEL DEVIL
8. BE WITH YOU
9. Winter, again
10. Will Be King
11. 生きがい
12. Savile Row ~サヴィル ロウ 3番地~
13.毒ロック
14.ストロベリーシェイク
15.Young oh! oh!
16.HELLO MY LIFE

Disc2(CD)
1. HEAVY GAUGE Demo
2.FATSOUNDS Demo
3.ここではない、どこかへ Demo
4.HAPPINNES SE Demo
5.HAPPINES Demo
6. LEVEL DEVIL SE Demo
7.BE WITH YOU Demo
8.BE WITH YOU Demo 2
9.BE WITH YOU Demo3
10.Will Be King Demo
11.生きがい Demo
12. Savile Row ~サヴィル ロウ 3番地~ Demo
13. 毒ロック Demo
14.Young oh! oh! Demo
15.HELLO MY LIFE Demo

Disc3(Blu-ray)
Document of HEAVY GAUGE Days
・Winter,again Making
・London Recording Document
・HAPPINESS Making
・Millennium Countdown Document
・Member Interview 2000
・Member Interview 2019
・GLAY ARENA TOUR "HEAVY GAUGE” Multi Angle
・TAKURO
・HISASHI
・JIRO
・TERU

・HEAVY GAUGE CM
・HEAVY GAUGE GLAY Ver.
1.HEAVY GAUGE GLAY Ver.
2.FATSOUNDS GLAY Ver.
3.SURVIVAL GLAY Ver.
4.ここではない、どこかへ GLAY Ver.
5.HAPPINESS GLAY Ver.
6.summer FM GLAY Ver.
7.LEVEL DEVIL GLAY Ver.
8.BE WITH YOU GLAY Ver.
9.Winter,again GLAY Ver.
10.Will Be King GLAY Ver.
11.生きがい GLAY Ver.
12.Savil Row ~サヴィル ロウ 3番地~ GLAY Ver.

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス