いきものがかり、Yakult『ミルミル』新CMに新曲書き下ろし

ツイート

いきものがかりが2018年11月の活動再開後、4曲目となる配信シングル「アイデンティティ」を4月12日にリリースすることが明らかとなった。自分らしく今を生きている人に送る新時代の応援歌の完成だ。

◆いきものがかり 画像

「アイデンティティ」は、Yakult「ミルミル」CMソング(2019年4月12日〜)として書き下ろされたもの。作詞・作曲は水野良樹、編曲は近藤隆史、田中ユウスケ、弦編曲は美央が務めた。

“わたしは今、夢中で生きていくんだ、こころよ、自由になれ”という力強いメッセージを吉岡聖恵(Vo)がまっすぐにそして高らかに歌い上げるミディアムナンバーは、生きる上で困難に立ち向かう勇気や、その先の希望を教えてくれる仕上がり。配信リリースは主要音楽配信サイトにて4月12日より。各音楽サブスクリプションでも同日から聴くことが可能となる。

また、いきものがかり出演のYakult「ミルミル」CM放映や「アイデンティティ」オリジナル限定ムービー公開も4月12日からスタートする予定だ。

なお以下に、撮影やミルミル、新曲「アイデンティティ」について訊いた、いきものがかりのインタビューをお届けしたい。

   ◆   ◆   ◆




──撮影の感想をお聞かせください。

吉岡:高いところでの撮影が多かったので、高所恐怖症のリーダーがおびえていました(笑)。撮影中も「スーッ」「スーッ」という息遣いが聞こえてきて、よく頑張ったなと思います。

水野:東京の街並みが見えるところでの撮影でしたからね。実は今回のロケ地、人生で二回目なんですよ。だから、もうちょっと慣れてるかなと思ったんですけど、やっぱりダメでした(笑)。

山下:あと、野外の撮影だったので、寒かったですねぇ。

吉岡:と言っても、男子メンバーは長袖で、私はノースリーブでしたからね(笑)。でも、3 人でのこういう撮影も久しぶりでしたし、寒さの中で頑張るぞという感じがあって、すごく気合いが入りました。

──ヤクルトという会社のイメージについてお聞かせください。

吉岡:私の実家がヤクルトさんの商品を取っていて、玄関にボックスが置いてある家だったので、家族で安心して飲めるというイメージがありますね。

──「ミルミル」と「ミルミルS」を飲んだ感想は?

水野:どっちもおいしいですけど、世代を選ばず飲める味だなと思います。

吉岡:やさしい味ですよね。

山下:朝の寝起きで飲むのに、ちょうどいい量なんですよ。

吉岡:飲みやすいので、いつでも飲めます。

水野:そうですね。意外とどの時間に飲んでも、スッキリする気がします。

山下:おやつの時間でもいいですし。

吉岡:小腹が空いた時もいいですよね。

──楽曲「アイデンティティ」に込めた思いやメッセージについて。

水野:「ミルミル」の持つ“生命力”というテーマが、スタッフの皆さんとの打ち合わせで出てきたので、僕らも名前が“いきものがかり”ですし、日常を生きる中でみなぎるパワーを曲の中に込めつつ、新しい毎日を進んでいくような印象も付けられたらいいなと。単純に苦難を乗り越えていこうというより、内から出るパワーを意識したというか、自信を持って前に進んでいこうみたいなイメージで作りました。

吉岡:けっこう高低差があって、もっと音域を下げることもできたんですけど、ギリギリのところを歌うと、高いところに音域がいくので、すごく踏ん張る感じや気合いが入る感じがしました。一歩一歩前に進んでいく強さとか、しなやかさみたいなものが伝わるといいなと思います。

山下:この曲はリーダーががっつりエネルギーを込めて作ってきたなという印象がありますね。

水野:“♪ラララ~”のところは、みんなで歌おうよ、という思いを込めて、たくさんデモに声を入れたんですけど、あれ一人で歌うの大変なんだよ(笑)。

吉岡:実際の音源も、ひとつのマイクの周りでメンバーとスタッフのみんなが円になって、叫ぶように歌っているので、そこのパワー感も伝わればいいなと思います。

   ◆   ◆   ◆


■配信シングル「アイデンティティ」

2019年4月12日(金)リリース
※サブスクリプションも同日開始
「アイデンティティ」
作詞・作曲:水野良樹
編曲:近藤隆史、田中ユウスケ
弦編曲:美央

■TV-CM ミルミル「届け!ビフィズス菌」篇/ミルミル「届け!ビフィズス菌/ユーザー」篇

2019年4月12日(金)から全国で放映開始
※「アイデンティティ」のオリジナル限定ムービーも4月12日(金)からミルミルブランドサイトで公開

【TV-CMについて】
 『ミルミル』の新CMは“届け!ビフィズス菌”というキャッチコピーのもとに制作。いきものがかりが頑張っている人々への応援歌として楽曲「アイデンティティ」を書き下ろし、自らが出演する映像でそれを表現した。また、楽曲制作のキーワードは“生命力”。いきものがかりと同世代の人々のリアルな世界観を表現する歌詞が、内側から溢れ出る生命力を感じさせる力強いメロディーと相まって、自分らしく今を生きている人に届けたい新時代の応援歌に仕上がった。
 新TV-CMの舞台は、“日常を生きる人々と近い世界観の中で表現しよう”というコンセプトから、背景に東京の空と街並みが広がるビルの屋上で行われた。映像は、そこで楽曲「アイデンティティ」を歌ういきものがかりのシーンを軸としたもの。また、ミルミルブランドサイトで公開のオリジナル限定ムービーでは、いきものがかりの演奏シーンをはじめ、困難や挫折と戦いながらも、“ありのままの自分”で生きていくと頑張る人々の姿、さまざまな職業・肩書きを持つ人々が集結して堂々と行進する場面という3つのシーンを基に展開。TV-CMでは伝えきれない広告コンセプトや、楽曲のメッセージが、より深く掘り下げて表現されているとのこと。
 撮影にあたっては、監督から「一生懸命に生きている人々に向かってエールを送る、サポーターや応援団のようなイメージでお願いします」というリクエストがあったという。その意図を汲んだ3人の立ち居振る舞いや目線の送り方、歌っている時の表情、ギター演奏のアクションといった所作のすべてを、クレーンカメラでさまざまなアングルから撮影することによって、画面に動きや変化がつけられた。

▼Yakult『ミルミル』ブランドサイト
https://www.yakult.co.jp/milmil/

■配信シングル「SING!」

2019年4月1日(月)リリース
※サブスクリプションも同日開始
「SING!」
作詞作曲:水野良樹
編曲:亀田誠治

■2019年春 ファンクラブツアー開催<いきものがかりファンクラスツアー 〜モゥ集牧だよー!2019〜>

4月15日(月) 愛知 Zepp Nagoya
4月16日(火) 愛知 Zepp Nagoya
4月23日(火) 大阪 Zepp Osaka Bayside
4月24日(水) 大阪 Zepp Osaka Bayside
4月30日(火祝) 広島 ブルーライブ
5月03日(金祝) 神奈川 厚木市文化会館
5月05日(日祝) 北海道 Zepp Sapporo
5月08日(水) 福岡 Zepp Fukuoka
5月14日(火) 東京 Zepp DiverCity(TOKYO)
5月15日(水) 東京 Zepp DiverCity(TOKYO)

この記事をツイート

この記事の関連情報