【イベントレポート】山下智久、34歳の誕生日「いい年になる予感しかない」

ツイート

山下智久が主演を務めるTBS系 金曜ドラマ『インハンド』の特別試写会&キャスト舞台挨拶が、4月9日に行われた。

◆イベント画像(10枚)

『インハンド』は講談社「イブニング」で連載中の朱戸アオによる同名漫画を原作としたドラマで、山下智久演じる右手がロボットハンドの天才科学者・紐倉哲を主人公としたヒューマンサイエンスミステリー。そのほかには美人エリート官僚の牧野巴役に菜々緒、紐倉哲の助手 高家春馬役に濱田岳といったキャスト陣が出演する。ストーリーは紐倉哲、牧野巴、高家春馬の3人が、毎話起こる難題を鮮やかに解決し人々を救っていくというもの。劇中に登場する専門用語などはポップで可愛らしいイラストを使ってわかりやすく解説された作品に仕上がっている。


ファンも招いて開催された特別試写会&キャスト舞台挨拶には、山下智久、菜々緒、濱田岳が登場。山下智久は「目で見ても楽しめるエンターテインメント、でもそれだけでなく人間って足りないものがあって、それをお互いに補っていくという心と心の支えあいも感じられたりする。盛りだくさんなドラマになっていると思います」と本作の見どころをアピールした。濱田岳からは「(紐倉哲と高家春馬は)昭和の良き夫婦みたいな感じ。そんな夫婦像も観れる、朝ドラ的な要素もふんだんに盛り込まれている」との言葉も。


また、ドラマには数々の生き物も登場するのだが、もともと爬虫類も昆虫も好きだという菜々緒は現場でタランチュラやサソリを触って戯れているというエピソードも明かされた。それに対し山下智久は最初イグアナに苦手意識を持っていたものの、「回を追うごとに僕のことを認識して、“撫でろ”って顔をするんです(笑)」と愛着が湧いてきた様子を語る。劇中で生物と触れ合う際の彼の表情にも注目してみてほしい。


なお、この日は山下智久の34歳の誕生日でもあった。サプライズで菜々緒と濱田岳が山下智久の写真がデコレーションされた『インハンド』オリジナルケーキを運び込むと「嬉しいですね。よくできてるねぇ(笑)」と、はにかむ山下智久。そして「こんなにたくさんの方の前でお祝いしていただけて、いい年になるんじゃないかという予感しかないです」と感謝を述べた。


濱田岳からは「34歳一発目の連ドラにご一緒できて。ちゃんと支えていこうと思います」、菜々緒からは「この場の皆を代表して、生まれてきてくれてありがとうございます」との言葉が贈られ、ファンからも口々に「おめでとう」の声が挙がる。山下智久は「恥ずかしいよ」と照れつつも、「ありがとう」と優しい笑顔で手を振り、会場は温かな雰囲気に包まれていた。

最後に山下智久より「スタッフも含め情熱を持ってこの作品に取り組んでいます。見てくれる方が救われるようなヒューマンミステリーになっていますので、ぜひ見ていただけたらと思います」との挨拶があり、イベントが締めくくられた。金曜ドラマ『インハンド』は4月12日22時よりスタート。

金曜ドラマ『インハンド』

[放送日時]2019年4月12日スタート 毎週金曜よる10時~10時54分
(初回は15分拡大 10時~11時09分)
[スタッフ]
製作 TBSスパークル TBS
原作 朱戸アオ「インハンド」(講談社「イブニング」連載中)
脚本 吉田康弘 田辺茂範 福田哲平
プロデューサー 浅野敦也 佐藤敦司
演出 平野俊一 岡本伸吾 青山貴洋
オープニングテーマ 山下智久「CHANGE」(SMEレコーズ)

◆金曜ドラマ『インハンド』オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス