フリートウッド・マック、ストーンズの代わりに発表されたジャズ・フェス出演を中止

ツイート

先週木曜日(4月4日)、ザ・ローリング・ストーンズの代わりに<ニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバル>にフリートウッド・マックが出演すると告知されたばかりだが、フリートウッド・マックはスティーヴィー・ニックスの体調不良を理由にこれを取り止めた。

◆フリートウッド・マック画像

フェスティバル主催者は月曜日(8日)、「スティーヴィー・ニックスの病により、フリートウッド・マックは北米ツアーの4公演および5月2日のジャズ・フェスでのパフォーマンスを延期すると発表しました」とツイートした。フェスティバルはその後、5月2日のラインナップにWidespread Panicが追加されたことを報告している。

スティーヴィー・ニックスはインフルエンザにかかり、良くなりつつあるものの、大事をとり北米ツアー残りの4公演を延期すると決断したそうだ。


5月2日のチケットはザ・ローリング・ストーンズ目当てで購入した人が多く、フリートウッド・マックまでキャンセルしたことから、主催者はそのチケットで別の日(2週目の週末)に入場可能とした。もしくは払い戻しもできる。

50周年を迎えるニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバルは、4月25日から5月5日まで開催され、ドゥービー・ブラザーズ、アース・ウィンド&ファイアー、サンタナ、ケイティ・ペリー、ヴァン・モリソン、トム・ジョーンズ、デイヴ・マシューズ、ダイアナ・ロスらが出演する。

フリートウッド・マックは6月初めからヨーロッパ・ツアーを予定している。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス