【インタビュー】NoGoD、メタリックでエモーショナルな路線の最新形ニュー・アルバム『神劇』

ツイート

■今の4人でも間違いなくNoGoDというものができる
■いろんな挑戦ができる時期まのでガンガンに攻めていきます


――続いて今作のそれぞれのプレイや音作りについて話しましょう。

K:今回ドラムで一番キレたのは「DOOR」です(笑)。とにかくテンポが速くて。「DOOR」と「そして舞台は続く」は、自分的に今回の課題曲という感じでしたね。あと、印象が強いのは「Borderline」かな。この曲はBメロでフックビートを叩いていて、サビや間奏は2バスの連打をしていて、最後のサビは高速2ビートになるというふうにいろいろやっています。今回のアルバムの中で、「Borderline」だけ録った時期が早いんですよ。MVを撮るにあたって聴き直したときに、よくこんなドラムを叩いたなと思いました。これ、本当に自分で叩いたのかな…みたいな(笑)。最後の速くなるところは4小節くらいフィルを叩いているし。あんなに長いフィルを入れるというの今まであまりやったことがなくて、きっと録りのときはキレながら叩いていたんだろうなと思います(笑)。

Shinno:プレイ面では、ギターに特化した話じゃないけど、「far away」がすごかったなというのはありますね。特に、間奏のアレンジとか。あとは、僕は曲の第一印象がこうだから、こういうギターを弾こうと決めるんですけど、僕と団長は感性が似ているみたいで、全く同じ解釈のギターが出てくることが多くて。そこの棲み分けが、どの曲も大変だなというのはありました。

Kyrie:「far away」は団長が原曲を書いてくれたんですけど、Shinno君は原曲の段階を聴いていないんですよ。原曲を全員で共有する場合もあるけど、基本的に僕が曲の形にしたものをみんなに流すようにしているので、団長が持ってきた状態の「far away」は僕しか聴いていなかった。で、団長がデモを作るために仮で弾いたギターと、Shinno君が考えて弾いたギターが全く一緒だったんです(笑)。

Shinno:そういうことが多いんですよ(笑)。“レコーディングあるある”ですけど、僕は団長が仮歌を録ったのを聴いて、サビのフレーズなどを考えるんですね。そうしたら、団長が考えたのと一緒だからそれは変えようと言われて、“なんだよっ!”という(笑)。それが、今回如実に多かったよね?

団長:うん(笑)。

Shinno:「えっ、この曲も?」ということが多くて、ちょっとイラッとしました(笑)。違うパターンを考えた結果、やっぱり最初のが一番いいねということになった曲とかもありましたけど。あと、「far away」は僕がギター・ソロを弾いているんですけど、ソロも団長から注文みたいなのがあって。その注文を団長がKyrieに伝えたら、Kyrieが「俺は注文の意味がわからないから、Shinno弾いて」と言ってきたという(笑)。僕は団長がイメージしているものがわかったので、「じゃあ、俺が弾くわ」と。


団長:この曲は浮遊感があるソロを弾いてほしかったんですよ。でも、そのニュアンスがKyrieにはうまく伝わらなかったんです。

Kyrie:だから、「far away」に関しては、団長とShinno君の感性が似ていることが、良い方向に出ましたね。今作の自分のギターは、全体的にソツなくという感じです。いろんなことをやっているイメージがあるかもしれないけど、リードギターはShinno君と半々くらいで、ギター・ソロは僕が弾くことが多いけど、イントロのメイン・フレーズはShinno君が弾くことが多いんですよ。僕がイントロを弾いているのは、「Borderline」と「シアン」くらいですね。だから、自分の中ではソツがないという印象がある。ただ、ここ数日ライブに向けて練習していて、やっちまったなというところがあって。僕は団長の歌に対するハモリを歌うことが多くて、そうするとギターを弾きながら歌うことになるじゃないですか。「シアン」と「そして舞台は続く」が、ちょっと大道芸みたいになるんです(笑)。特に「シアン」のサビは、歌の後ろでずっと8フィンガーをしているんですよ。8フィンガーでシーケンスっぽいフレーズを弾きながら歌うと、大道芸人みたいな動きになるという(笑)。弾きながら歌うのは練習すればできるけど、どうあがいても見た目が変なんですよ(笑)。それで、やっちまったなと思っています。

Shinno:ライブが楽しみだな(笑)。

Kyrie:困るなぁ(笑)。僕がハモリを歌うことが多いこともあって、サビ裏のリフはShinno君にお願いすることが多かったんですね。でも、今作の「シアン」と「そして舞台は続く」は、アレンジする段階で自分がイメージで入れたものを、そのまま弾くことになったんです。

――「そして舞台は続く」のサビ・バックもタッピングでしょうか?

Kyrie:いや、そこは普通に弾いています。プリング/ハンマリングでレガートっぽくしているから、タッピングっぽく聴こえますよね。それに、僕はプリング・オフやハンマリング・オンを多用しても、ピッキングして弾いているときとそれ程ボリューム差が出ないんですよ、ちょっと珍しいみたいですけど。音量が変わらないので、僕はプリング/ハンマリング・フレーズを結構多用しているんです。

団長:歌は「シアン」にしても、「masque」にしてもそうですけど、ここ最近のKyrieさんとShinnoさんは言葉数を多くしたがる傾向があるんですよ。だから、ブレスするポイントがないし、滑舌を良くしないと言葉が聴こえないというのもあって。特に、「masque」は言葉が詰まっていて、歌うのが大変でした。あとは、僕は去年の半ばくらいからすごく喉の調子が良くて、今回のレコーディングは一番仕上がっている状態だったんです。2~3年前くらいまで、ずっと喉の状態が良くない時期が続いていて、そういう中で自分がやれる最大限のことをするという感じだったんです、ライブにしても、レコーディングにしても。さっき話が出たように「Borderline」は録ったのが一昨年とかなので、唯一調子が良くない頃の歌なんですよね。そういう時期を抜けて喉の調子が良かったので、今回のレコーディングはすごく楽しかったです。

――たしかに、今作の声の質感や“艶”は抜群です。それに、一昨年頃から歌の色気に一層の磨きがかかって、今作はさらに深化されていますね。

団長:全体的によりメロディアス、エモーショナルな作品なので、ボーカリスト冥利に尽きるというのはありましたね。あと、最近はプリプロの段階でKyrieさんと一緒に歌をわりと作り込むようになってきていて、自分の中で完全に歌のイメージを作り込あげた状態でレコーディングに臨めるんです。それはデカかったですね。レコーディングの現場で、ああでもない、こうでもないとやらなくなったことも、良い歌のテイクが録れるようになった要因の一つだと思います。

――アルバムを通して、聴き応えのある歌に惹き込まれました。さて、『神劇』はハイ・クオリティな一作でファンの皆さんは安心されると思いますし、アルバム・リリースに伴って5月に東名阪ツアーも行います。

Kyrie:ワンマン・ツアーをするのは本当に久しぶりですけど、その前にイベントがたくさんあるんですよ。『神劇』発売記念イベントとか、NoGoD主催の2マンライブ5デイズとか、初の試みですけど、アルバム再現ショーケースというのを4本やったりという感じで。今回のアルバムは“劇”というテーマもあるので、作品っぽい魅せ方というのはアルバム再現ショーケースで形にしてもいいかなと思っているんですよね。それを経てワンマン・ツアーなので、もちろん『神劇』をフィーチュアした内容にはなりますけど、ツアーでは自分達のスタンダードなライブをしようと思っています。4人になった今の自分達が最初に見せるべきライブは、そういうものだろうというのがあるから。

Shinno:ライブは、あまり気負わずにいたいなというのはありますね。ワンマンだろうが、対バンだろうが、良い意味で変わらずに自分らしさを出すことが大事だと思っているので。肩の力を抜いた状態で臨んで、“蓋を開けたらこうだった。じゃあ、こうしよう”ということすらも楽しみたいと思っています。

K:ツアーは久しぶりなので、楽しみたいというのが一番デカいですね。どういうライブになるのかまだわからないし、お客さんがどういう感じでくるのかも全然わからないけど、自分達が楽しんでいることが伝われば、来てくれた人も楽しい気持ちになると思うんですよ。だから、楽しんでライブをしたい。そのためには演奏技術を上げておく必要があるので、がんばって準備します(笑)。

団長:本当に不安だったファンの人も沢山いると思いますけど、4人でも間違いなくNoGoDというものができるということを、今度の東名阪ツアーでは見せたいですね。これから先が楽しみで仕方ないと思ってもらえるようなライブにしたい。この1年くらいライブをしていてグルーブやヴァイブスが上がっていることを感じていて、いいライブを見せられる自信はあるんです。それに、今回は衣裳も全員好きなものを着てくださいということになったんです。一切周りに合わせなくていいから、好きなものを着てくださいと。そういうふうに自分達の中でいろんな挑戦ができる時期ということも含めて、ガンガンに攻めていこうと思っている。なので、今後のNoGoDを楽しみにしていてほしいです。

取材・文●村上孝之

リリース情報

『神劇』/NoGoD
2019年4月10日リリース
KICS-3789/\2,500+税
01. Curtain Rises
竹下 幸之介(DDT) 新入場テーマ曲(NoGoD ヴァージョン)
02. masque
03. Borderline
04. シアン
05. far away
06. DOOR
07. そして舞台は続く

ライブ・イベント情報

<ミニアルバム「神劇」発売記念イベント ~アルバム再現プレミアムショーケース~>
●神撃の濱劇場-第一幕-
4月20日(土)Music Lab濱書房
●神撃の濱劇場-第二幕-
4月21日(日)Music Lab濱書房
●神撃の濱劇場-第三幕-
4月27日(土)Music Lab濱書房
●神撃の濱劇場-第四幕-
4月28日(日)Music Lab濱書房

<NoGoD PRESENTS-SPECIAL 2MAN 5DAYS-【D2M5D】>
5月02日(木):渋谷DESEO 【出演】NoGoD / 中島卓偉
5月03日(金):渋谷DESEO 【出演】NoGoD / Unlucky Morpheus
5月04日(土):渋谷DESEO 【出演】NoGoD / ピアノゾンビ
5月05日(日):渋谷DESEO 【出演】NoGoD / Develop One's Faculties
5月06日(月):渋谷DESEO 【出演】NoGoD / TAKE NO BREAK

<NoGoD ONE MAN TOUR -2019->
5月11日(土):名古屋 ell.FITSALL
5月17日(金):大阪 ESAKA MUSE
5月25日(土):新宿BLAZE

◆インタビュー(1)へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス