GLAY、新曲「元号」配信に先駆け歌詞とTAKUROコメントを公開

ツイート

GLAYの新曲「元号」の配信開始に先駆け、歌詞及びリーダー・TAKUROによるコメントが公開された。

「平成」から「令和」と変わることが発表された4月1日(月)、GLAYが突如配信リリースすることを発表した新曲「元号」。今作の作詞・作曲はリーダーのTAKUROが手がけている。フォーキーなサウンドに加え、TERUの力強いボーカルが印象的な仕上がりになった。

これまで数々の社会に対するメッセージを曲として書いてきたTAKUROだが、今作の歌詞は平成だけでなくその前の昭和も“元号”として盛り込み、幅広い世代を見据えた構成。昭和、平成と生き抜いてきた人々へのリスペクトの意と、これからの新元号のもとで中心となって活躍していく世代への激励の意が織り込まれている。

オフィシャルサイトに掲載された動画コメントでも、TAKUROは「この激動の時代に送る、僕らの本気メッセージを是非受け取って欲しい」と語っており、楽曲に込められた思いの強さが伺える。

「元号」は4月26日(金)より配信スタート。5月1日(水)から新たな元号「令和」となる直前に、共に激動の時代を駆け抜けてきたGLAYからのメッセージが放たれる。

■デジタルシングル「元号」
2019年4月26日(金)配信開始
Written & Composed by TAKURO
Arranged by GLAY & SEIJI KAMEDA

■「元号」歌詞

平成が終わる時 あなたは何を思い浮かべるのだろう?
どれほどの希望を胸に抱えて次に進むのだろう?
心から望んだ平和のすべてが幻だったとしても
動き始めたこの船はまた新たな航海に汽笛を鳴らす

今日で終わるとニュースが告げた
昭和64 わずか7日
そして平成があけた

かつて兵士たちは目隠しのままで
玉砕しました 消え去った祖国の夢と
今もあの戦争(とき)を悔やんでいるならば
声をあげて欲しい
新しい元号の下で

民衆(たみ)が口にする絆はどれだけ強いというのだろう?
弱い者達を見捨てた時の苦味は今も淀みのようだ
心から憎むもの そのすべてをあなたが取り去ったとしても
その後でまた僕らはどこからか弱者を探しだし弾く

時代は変わる 望む望まぬ
平成30年 時の皇帝よ
その手で平成を終えて

かつて俺たちは人生の舵を
預けていました 放棄していました
誰も誰かの人としてあるべき尊厳を
奪えはしないのだ
新しい元号の下で

今日で終わるとニュースが告げた
平成31年 見送る者よ
さぁ 去りゆく彼らに花束を

かつて稚魚たちは流れに逆らい
泳いでゆきました傷だらけの身体をよじり
今もどこかで水を掻いているならば
生き抜いて欲しい 新しい元号の下で

たった独りで
流した涙よ

そこまでして守った 産声の鐘は
響き渡るだろう 唯一の元号の下で

<GLAY LIVE TOUR 2019 -SURVIVAL-令和最初のGLAYとHEAVY GAUGE>

GLAYを代表するアルバム名を20年の時を超え掲げた、新元号初の全国ホールツアー!

公演スケジュール
2019年
5/12(日)静岡市民文化会館大ホール
5/15(水)愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
5/16(木)愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
5/18(土)長野・キッセイ文化ホール
5/22(水)東京・NHKホール
5/23(木)東京・NHKホール
5/28(火)兵庫・神戸国際会館
5/29(水)兵庫・神戸国際会館
6/2(日)北海道・札幌文化芸術劇場
6/3(月)北海道・札幌文化芸術劇場
6/6(木)宮城・仙台サンプラザホール
6/7(金)宮城・仙台サンプラザホール
6/11(火)新潟県民会館
6/13(木)神奈川県民ホール
6/14(金)神奈川県民ホール
6/18(火)広島文化学園HBGホール
6/20(木)大阪・オリックス劇場
6/21(金)大阪・オリックス劇場
6/25(火)福岡サンパレス
6/26(水)福岡サンパレス

<GLAY 25th Anniversary “LIVE DEMOCRACY”」>

場所:メットライフドーム(旧:西武ドーム)
日程:8月17日(土)、8月18日(日)
公演時間:開場15:00/開演17:00/終演20:00終演予定
URL:http://www.glay.co.jp/live/
4/5よりFC会報封入チラシにて、チケット先行予約スタート。
プレイガイド最速先行 5/24(金)開始予定

『HEAVY GAUGE Anthology』

2019年5月8日(水)発売
価格:8,281円+税 品番:PCCN. 90006
形態:2CD+Blu-ray
先着予約購入特典:オリジナル・ステッカー

Disc1(CD)
1. HEAVY GAUGE
2. FATSOUNDS
3. SURVIVAL
4. ここではない、どこかへ
5. HAPPINESS
6. summer FM
7. LEVEL DEVIL
8. BE WITH YOU
9. Winter, again
10. Will Be King
11. 生きがい
12. Savile Row ~サヴィル ロウ 3番地~
13.毒ロック
14.ストロベリーシェイク
15.Young oh! oh!
16.HELLO MY LIFE

Disc2(CD)
1. HEAVY GAUGE Demo
2.FATSOUNDS Demo
3.ここではない、どこかへ Demo
4.HAPPINNES SE Demo
5.HAPPINES Demo
6. LEVEL DEVIL SE Demo
7.BE WITH YOU Demo
8.BE WITH YOU Demo 2
9.BE WITH YOU Demo3
10.Will Be King Demo
11.生きがい Demo
12. Savile Row ~サヴィル ロウ 3番地~ Demo
13. 毒ロック Demo
14.Young oh! oh! Demo
15.HELLO MY LIFE Demo

Disc3(Blu-ray)
Document of HEAVY GAUGE Days
・Winter,again Making
・London Recording Document
・HAPPINESS Making
・Millennium Countdown Document
・Member Interview 2000
・Member Interview 2019
・GLAY ARENA TOUR "HEAVY GAUGE” Multi Angle
・TAKURO
・HISASHI
・JIRO
・TERU

・HEAVY GAUGE CM
・HEAVY GAUGE GLAY Ver.
1.HEAVY GAUGE GLAY Ver.
2.FATSOUNDS GLAY Ver.
3.SURVIVAL GLAY Ver.
4.ここではない、どこかへ GLAY Ver.
5.HAPPINESS GLAY Ver.
6.summer FM GLAY Ver.
7.LEVEL DEVIL GLAY Ver.
8.BE WITH YOU GLAY Ver.
9.Winter,again GLAY Ver.
10.Will Be King GLAY Ver.
11.生きがい GLAY Ver.
12.Savil Row ~サヴィル ロウ 3番地~ GLAY Ver.

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス