【インタビュー】安藤裕子、15周年の集大成ツアーへ「今、いろいろと自分を育て中です」

ツイート
PR

安藤裕子は今、過渡期の真っ只中にいる。2018年5月に開催されたデビュー15周年記念ライブで“この日を終えて、本当の意味でソロシンガーになった”と宣言した彼女は、同年6月に初のセルフプロデュースアルバム『ITALAN』をリリースし、秋からは2年ぶりとなる全国アコースティックツアーを開催した。時を同じくして、さまざまなライブイベントに積極的に参加し、各会場で新曲を惜しみなく披露。そして、2019年1月6日に迎えたアコースティックツアーのファイナルでは、同公演を収録したライブCDのリリースに加え、バンドメンバーを一新した全国Zeppツアーを開催することが発表された。

長年着慣れた衣服を脱ぎ捨て、新たな仲間との音楽作りを始めた彼女は、果たして、どんな装いでステージに立つのか。今はただ、まだ見ぬ“新しい安藤裕子”との出会いが楽しみで仕方がない。

■新しいことを始めた自分のライブをもっとやりたい

──3月27日に初のライブCD『Acoustic Live 2018-19 at Tokyo』がリリースされました。どうしてライブCDを出そうと思ったんですか?

安藤:それは、出したいっていうレコード会社の人がいたから(笑)。見たいとか聞きたいと言ってくれる人がいればありがたいなと思うし、プロですから、必要があれば脱ぐことも厭わないっていうことですね。

──あはははは。ヌードになったっていう感覚ですか?

安藤:そんな恥ずかしさはありますね。ライブCDって、レコード芸術とは離れたものじゃないですか。見られたくない部分も見られてしまうし、その場にいて得られる感動や空気も音に加工やEQを加えるたびに少しずつ答えが変わってきたり、その瞬間あったものは少しずつ捻じ曲がってしまう。でも、それ以上に、ライブならではのものを感じたいっていう人がいてくれるのであれば、とても必要な作品だとも思う。そういうジレンマとの戦いはありましたね。だから、製品として整える部分はありつつ、歌はまったく直してないんです。直せば直すほど、恥ずかしいものになっていく感じが私の中であったので、簡単にいうと、歌は手つかずで、間違った歌詞もそのままになってますね。


取材・文:永堀アツオ
撮影:西角郁哉

<安藤裕子 Zepp Tour 2019 ~雨街交差点~>

2019年
6月22日(土)大阪・Zepp Namba
Open 16:30 / start 17:30
[問]キョードーインフォメーション 0570-200-888(毎日10:00~18:00)
◆チケット情報ページ

6月23日(日)福岡・Zepp Fukuoka
Open 16:30 / start 17:30
[問]キョードー西日本 0570-09-2424
◆チケット情報ページ

6月30日(日)愛知・Zepp Nagoya
Open 16:30 / start 17:30
[問]サンデーフォークプロモーション 052-320-9100(10:00~18:00)
◆チケット情報ページ

7月7日(日)東京・Zepp DiverCity (TOKYO)
Open 16:30 / start 17:30
[問]ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00~19:00)
◆チケット情報ページ

チケット:¥6,200(指定席/税込)
チケット一般発売中
※3歳以上チケット必要/別途1ドリンク必要

ライブCD『Acoustic Live 2018-19 at Tokyo』

2019年3月27日(水)発売
LNCM-1282~3 ¥3,000+税
Disc1
01. nontitle(新曲)
02. TEXAS
03. のうぜんかつら
04. お祭り −フェンスと唄おう−
05. 鐘が鳴って 門を抜けたなら
06. レガート
07. 箱庭(新曲)
08. 少女小咄(新曲)
Disc2
01. 風雨凄凄
02. 海原の月
03. パラレル(悲しみバージョン)
04. 夜と星の足跡 3つの提示
05. 一日の終わりに(新曲)
06. 問うてる
DiGa:Online
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス