【連載】「藤田麻衣子の恋愛相談室」 Case53〜どんなに悔しくても、それでよかったんだと思う〜

twitterツイート

こんにちは。シンガーソングライターの藤田麻衣子です。

「藤田麻衣子の恋愛相談室」ということで、みなさんといろんな恋愛話がしたい!というこの連載。今回もたくさんのおたより、ありがとうございます。

前回はみなさんのおたよりから「自分のこと好きになったら、誰かのことももっと好きになれるのかも」というテーマで恋愛話をしました。

◆ ◆ ◆

ペンネーム:莉々(東京都/女性)

先日高校を卒業したばかりで、4月からは社会人になります。そこで、約1年ほど悩んでいることを麻衣子さんに相談したいと思いメールを送らせていただきます。

まず初めに、私は恋愛に対してあまり積極的ではありません。好きな人が出来てもろくに話せなかったり遠くから見つめるだけだったり、気持ちを伝えず終わることが多々ありました。

そんな中、高校入学したての頃に一目惚れしたひとつ上の先輩がいました。当然、学年がひとつ違うので関わることも少なく、見てるだけでいいや、と思っていたのですが、当時相談していた友人から「頑張りなよ」と背中を押され、先輩と同じ部活の子から連絡先を貰うことに成功しました。幸い、先輩とは趣味が合い、お互い学年が上がる少し前には先輩から誘われて遊びに出かけました。今までの恋愛ではここまで進んでいったこともなく、私としてはとても頑張っていると思い、自分のことが誇らしくなりました。

先輩が卒業を控え、2月から自由登校期間に入ったのですがその数ヶ月前から連絡がぽつぽつと途絶え始めました。そこで違和感に気づくべきだったのですが、「忙しいのだろう」と思いあまり深く考えていませんでした。そのうち、バレンタインに連絡が来たのですが大学へ合格したこと、彼女ができたことを報告されました。私はとてもショックで、だけれど、積極的にアプローチしてこなかった自分のせいもあると後悔し、またも気持ちを伝えることもなく瞬く間に先輩は卒業していきました。

会わなくなると必然的に少しずつ気持ちが薄れていき、この時には既に、「もう終わりにしよう」と思って先輩の連絡先は消してしまいました。後悔はなかったです。

そしてだいぶ立ち直れた頃に、「頑張りなよ」と応援してくれた子から、「実は先輩と付き合ってる」と言われ、裏切られたことに私は気づきました。その時の私は目の前が真っ暗で逃げるように帰ってしまい、次の日その子からは避けられ、もう二度とその子と一緒に登下校することも話すことも無くなりました。正直、気持ちが薄れていた頃だったので先輩と付き合ってることではなく、一言でいいから「好きになってしまった」という言葉がなかったことに私はショックだったのです。私の先輩への気持ちや相談もその子にはなんでも打ち明けていたこともあり、その子なりに言い出すタイミングや言い出すべきか迷ったところもあったと思います。

しかし、私はどうしても許せず、誰かの好きな人を奪った事実は確実なのでSNSは全部断ち切りました。断ち切る前、匂わせのようにツイートしていたこともあり、その子と親しかった周りの子に聞くとなんと自由登校期間に入る数ヶ月前、連絡が少しずつ途絶えた頃に付き合っていたというのです。私が好きなのを知っていながら付き合っていたことになります。加えて半年も騙されていたらしく、私はその子に限らず人を信じられなくなりました。

顔を合わせたらやはりイライラしてしまうし、その子も私ともう一度話し合おうという気は微塵もないらしく、残り半年の高校生活も一切口を聞くことなく私達は卒業しました。

SNSを断ち切ったこと、話さなくなったこと、親や他の友人が支え励ましてくれたこともあり、今はなんとも思っていません。先輩のことも一切考えなくなりました。しばらくは恋愛をお休みしています。惹かれる人がいても、どこか足踏みして一歩を踏み出せません。

何が、というわけではないのですが、私がもう少し何かしらのアクションを起こしていたらこの状況は変わっていたのでしょうか? 「付き合っている」と裏切られた時、私はなんと言えばよかったのでしょうか?意地でもその子ともう一度話し合うべきだったのでしょうか?

独りよがりだとは分かっています、しかしこんな経験初めてで、私の中ではまだ少々わだかまりが残る出来事なのもあり、麻衣子さんに聞いてもらいたくメールを送らせていただきました。

長文大変失礼致しました。何か助言などいただけますとありがたく思います。

◆ ◆ ◆


藤田麻衣子

なるほど。やりきれない気持ち、すごくわかりますよ。騙されていたことに気づかなかった自分への悔しさみたいなものも、私なら感じちゃうかもしれません。

告げられた時ショックで、帰るので精一杯だったのは、それでよかったんだと思いますよ。

「その子も私ともう一度話し合おうという気は微塵もないらしく、残り半年の高校生活も一切口を聞くことなく」とありますが、話し合いたいことありましたか?頭にきたり納得してない時、言葉が欲しい、説明が欲しいっていろんな気持ちが押し寄せてはくるとは思うけど、どんなに話し合ったって許せるわけないんだから、もし私だったらこれでよかったと思います。

「嫌な奴だった、もう二度と顔も見たくない」それでもいいじゃないですか。好きな人をとられた女の子と、どんなに話し合ったって、絶対むかつくままですから、分かり合えるわけがないって私なら思っちゃうかな。いい人ぶらなきゃいけなくて気疲れするだけ。関わらなくてよくなって、断絶できて、本当によかったと思いますよ!

悲しいけど、傷つけた方は傷つけて悪いと思いながらも、10分の1も痛みをわかってないと思うし。でもそういうものです。反対に自分がその立場だったらどうですか?「私なら、もっと相手のことを考える」とか「私なら、すぐに話した」とかいろいろ思うとは思うけど、彼に選ばれた時点で、選ばれなかった女の子を確実に傷つけるんです。

もし彼女が、実際は莉々さんに言うに言えなくて苦しんでたとしても、そんなこと聞いたところで、キレイゴトの仲直りとか、本当いらないと思います。納得いかない感情はぶり返します。

「生きていれば納得できないまま終わることもあるんだなということを学べた」と考えましょう。私は、そうやって飲み込んできたかなぁ。何度思い出したってやっぱり理不尽だったなってこと、いくつもありますよ。でも、愚痴ったり考えたり恨んでる間は、自分自身が苦しいから、未来に活かすしかないなって思います。経験できたことに感謝すると心がらくになるというか……。高校生くらいの時から、私の場合はですがそういう考え方をしていました。

莉々さんが誰かにそういうことをしたんじゃなくて、された方になって、心の痛みを知ったのはとても大事な経験だと思います。誰かを傷つけるより、(治せる傷ならですけど)傷つけられる方が、人に優しくなれるし、未来にうんと幸せが待っていそうだって私は思います。不信感はすぐには消えないかもしれないけど、克服できる日は来るから大丈夫だと思って過ごしませんか?

ひとまずは、気が済むまで周りの信頼できる人に愚痴りまくって、大暴れしましょう。少ししたらとりあえず飲み込んで、違うことに夢中になったり集中してその話題から離れる。

彼女を許すって考え方しなくていいから、騙されて気づかなかった自分のことをもう許してあげる。みたいな感じでしょうか。

新生活が始まったと思いますが、気持ちの変化はありましたか? 環境が変わって忙しくなって、もっと忘れていけるかもしれないですね。もっともっと楽しいこと、彼よりもうんと素敵な人たちが、未来で待っていますよ。大丈夫。

◆ ◆ ◆

ペンネーム:桃大好き(東京都/女性)

現在、付き合って9年になる彼がいます。お互い結婚も考えていたのですが、彼の就職先がなかなか見つからず一年ほど無職です。最近はオンラインゲームにハマってて休みの日に会ってもほぼゲームしているのと、今までもお金にだらしないところが多々あったのも相まって、就活していないのではと思ってしまうんです。ちなみにアルバイトもしていなく実家でのほほんとと暮らしてます。

疑ってばかりな自分が嫌になって、別れたいと思うこともあったり、でも9年もいると情?がうつっているのか、でも性格も良いし、一緒にいて楽だし楽しいし、好きなんだなーと考えてしまうんです。周りも結婚して子供もいるのに、私このままなのかな……って毎日考えて不安になったり息苦しくなったりします。

長くお付き合いしてると周りからも彼が就職して落ち着いたら結婚だね!と期待されてて、誰にも相談もできず……麻衣子ちゃんが似たような立場に立った場合どうしますか? 別れますか? それとも待ちますか?

長い上に文面ぐちゃぐちゃですみません。

◆ ◆ ◆


藤田麻衣子

私だったら……結婚を考えるなら別れると思いますね。「1回別れてみる」っていう方が正しいかもしれませんが。桃大好きさんはえらいですね。そんな感じだったら、私ならとっくに他の人に惹かれてますよ。周りを見て焦る感情もわかります。そういう時期だぞと、言われているサインでもあるかもしれないですしね。

無職だったとしても職探しに動き出していたり、お金の管理はできているんだとしたら、まだいいですが、結婚を考えた時に今の彼で大丈夫かな?って考えちゃいます。実家暮らしからの結婚も、家事やってくれるのかなぁとか……。桃大好きさんがやってあげたい性格なら問題ないと思いますけど。

結婚してもどうなるかなんてわからないけど、今の時点から、すでに奥さんになったら大変そうなのが目に見えてるって思えてしまいます。「その時が来たら変わるはず」って、女性って男性に何か信じてしまうというか夢見てしまうことってあると思うけど、なかなか人って変わらない。今の彼が将来もいるんですよ。だったら初めからちゃんと色んな意志がある人の方が、私はいいなと思います。

でもそれは人それぞれ好みですからね。桃大好きさんが、「性格も良いし、一緒にいて楽だし楽しいし、好きなんだな」って思うことが大きいなら、いいのかもしれないですね。

今の彼の状況でも、「桃大好きさんはそばにいてくれるし」って安心して満足してるのかもしれないから、私だったら1回別れて、彼が変わるかどうか見ますね。年齢的に、現実的にあと2、3年くらいで自分も結婚した方がいいと思うなら、彼だけに縛られないで外にも目を向けて男性との出会いを増やします。

彼のための人生ではなく、自分のための人生ですから。情って、あったかいものだとも思うけど、相手のためにも、自分がそばにいることだけがすべてじゃないこともあるんじゃないでしょうか。

人って、独りになることで気づけることってあると思うんですよね。気づいた時にはもう遅いこともあるけど。時間だけが過ぎた時に、後悔しないように、考えて行動しましょう。行動すれば、何かは変わりますよ。

◆ ◆ ◆

今回もたくさんのおたより、ありがとうございました! 次回の掲載は、来月末を予定しています。

おたよりはこちら↓までお願いします! できるだけ状況が詳しいと嬉しいです★ 今まで送っていただいたおたよりに、今後お答えすることもあります。

「藤田麻衣子の恋愛相談室」

宛先:fujitamaiko@ve.jvcmusic.co.jp
件名:「藤田麻衣子の恋愛相談室」
(1)ペンネーム
(2)性別
(3)お住まいの都道府県
を本文中にお書きください。

期限はいまのところありませんので、いつでもお送りください。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報