ローランドから吸盤でギターに取り付けるアンプが登場、エフェクター内蔵でヘヴィメタル仕様モデルもラインナップ

twitterツイート

「エレキギターを弾きたいけど、アンプなどの準備が面倒」「ストリートやアウトドアで気軽に演奏したい」と思っているギタリストにうれしいアイテムが、モニター・スピーカー・ブランドとして評価の高いFluid Audioから登場。どこでも手軽に演奏が楽しめるポータブル・ギターアンプ「Strum Buddy」と、ヘヴィメタル仕様の「Strum Buddy Heavy Metal」が、ローランドより4月27日に発売される。


▲「Strum Buddy」は、クランチ、コーラス、リバーブの3種のエフェクトを内蔵。

「Strum Buddy」は、どこでも手軽にエレクトリック・ギターの演奏が楽しめるポータブル・ギターアンプ。本体底部の吸盤でギターのボディに取り付け、付属ケーブルでギターと接続するだけで準備OK。いつでも弾きたいときにギターを手にとって演奏できる。「塗装劣化の可能性があるため、デリケートな『ラッカー塗装』のギターへの使用はお控えください」との注意書きがあるが、ギターやコネクタの形状によらず使用できることを便利に思う人は多いはず。


最大出力は6Wと、自宅でのカンタンな練習には十分な音量を確保。さらにギター演奏に欠かせないエフェクターも内蔵する。音を心地よく歪ませる「クランチ」、音にゆらぎを与えて透明感を演出する「コーラス」、音に広がりをもたせる「リバーブ」の3種類を組み合わせて使用できる。

本体重量はわずか181g。ギターケースやバッグに難なく入るサイズで、持ち運びもカンタン。USB充電式なので、野外でのパーティやキャンプにもぴったり。一回の充電で最大3.5時間の連続使用が可能なのも心強い。


▲ヘヴィメタル仕様の「Strum Buddy Heavy Metal」は、内蔵エフェクトとデザインが異なる。

ヘヴィメタルの演奏に最適なサウンドのモデルもラインナップ。「Strum Buddy Heavy Metal」は、音を強く歪ませる「オーバードライブ」、うねるような効果を加える「フェイザー」と「リバーブ」を内蔵する。



製品情報

◆ポータブル・ギターアンプ 「Strum Buddy」
価格:オープン(市場想定売価 税込 9,800円前後)
◆ポータブル・ギターアンプ 「Strum Buddy Heavy Metal」
価格:オープン(市場想定売価 税込 9,800円前後)
発売日:2019年4月27日
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報