ウィーザー、ティアーズ・フォー・フィアーズと立て続けに共演

ツイート

ウィーザーがこの数日で、立て続けにティアーズ・フォー・フィアーズと共演し、最新アルバム『ウィーザー(ティール・アルバム)』でカバーした「Everybody Wants To Rule The World」を本家と共にパフォーマンスした。

◆ウィーザー画像、動画

ウィーザーはまず、週末(13日)コーチェラ・フェスティバルでパフォーマンス中、ティアーズ・フォー・フィアーズのローランド・オーザバルとカート・スミスを招き、ファンを驚喜させた。そして2日後(15日)、アメリカのトーク番組『Jimmy Kimmel Live』で再演。このパフォーマンス映像は番組のYouTubeチャンネルでも公開され、さらに多くの人たちが目にすることができた。





ウィーザーは1月にサプライズ・リリースした『ウィーザー(ティール・アルバム)』で同曲ほか、ユーリズミックスの「Sweet Dreams (Are Made of This)」、a-haの「Take on Me」、ブラック・サバスの「Paranoid」、TLCの「No Scrubs」、マイケル・ジャクソンの「Billie Jean」などをカバー。

コーチェラ・フェスティバルで「No Scrubs」をパフォーマンスした際には、TLCのチリとの共演も果たした。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス