【インタビュー】ソロデビュー5周年の寺嶋由芙、“いい女”の定義と令和元年の誓いを明かす

ツイート


寺嶋由芙が、10作目のシングル「いい女をよろしく」を4月17日にリリースした。表題曲「いい女をよろしく」は、ブラック&シティポップを感じさせるサウンドや、今までの“ゆっふぃー”のイメージにはないメロディラインが魅力。“いい女”というキャッチーなフレーズはじめ、歌詞においても彼女の新しい一面を引き出している。加茂啓太郎氏の楽曲プロデュースに加え、福嶋麻衣子こと“もふくちゃん"をプロデューサーに迎えた意欲作だ。

今回BARKSでは、このニューシングルについて、さらには、ソロデビュー5周年イヤーというひとつの節目を迎えている彼女に、これまでの活動を振り返ってもらった。自他共に認める「王道のアイドル」であり続ける彼女が貫く信念が見えてくるはずだ。

◆画像ページ

  ◆  ◆  ◆

■ ソロの面白味や強みを楽しめるようになってきた

── 2014年2月にソロデビュー・シングル「#ゆーふらいと」をリリースしてから5周年を迎えたわけですが、今、どんなことを感じているのでしょうか。

寺嶋由芙:去年2018年の10月21日に行ったワンマンライブ(<Yufu Terashima 5th Anniversary Live ~以前よく見たあの人も 通い続けるこの人も~>)が、初めてのソロライブからちょうど5年目のタイミングで、そこから5周年イヤーが始まったんですが、スタッフの方やオタクのみんなに言ってもらったり祝ってもらったりして初めて「もう5年経ったの!?」って気づいたくらいなんです(笑)。ですので、活動を続けていたらいつの間にか5年経った、というのが正直なところですね。

── その5年を振り返ってみて、転機はありましたか?

寺嶋:そうですね…やっぱり2016年に事務所とレーベルを移籍したことだと思います。ちょうど1stアルバム『わたしになる』のリリースとも重なる時期なんですけど、それまでお世話になったスタッフさんから新たにお世話になるスタッフさんへといろいろ引き継いでいただきながら、なおかつオタクのみんなに喜んでもらえる作品にしようという意識でした。

── 『わたしになる』は「古き良き時代」を彷彿とさせる王道のアイドルソングから琴線を震わせるバラード、エキセントリックなアッパーチューンまで実に多彩な意欲作となりました。

寺嶋:そうなんです。アートワークやミュージックビデオをスミネム(スミス+夢眠ねむ)さんに手がけていただいたりもして、私にとっての大きな転機になったのかなと思います。

── いつも笑顔のイメージがある由芙さんですが、これまでの活動の中で心が折れそうになるようなことはなかったのでしょうか。

寺嶋:私、振り返ってみるとラッキーなことが多くて。もう無理かもっていうピンチが訪れると、必ず誰かに救ってもらえるんです。それこそ移籍をするときも、移籍先が決まらないままアルバムが宙ぶらりんになっちゃう可能性もあったんですが、呼んでいただいたイベントでたまたま現事務所のディアステージのスタッフさんがいて、「じゃあウチにおいでよ」って言ってもらえたり。そのときどきで助けてくれる人に巡り会いがちなんです。

── 以前、デビューまでの道のりをお聞きしたときにも感じましたが、やはり由芙さんには“引き寄せ運”があるのでしょうね。

寺嶋:人との出会いやタイミングには、本当にすごく恵まれていると思います。アイドルはグループでやるものだと思っていた5年前の私は、アイドルグループのメンバーになるためにいろいろ模索していて、ソロでやっていくつもりもなかったし、なんのコネクションもなかったんですけど、今もお世話になっている加茂啓太郎さんにたまたま出会って。

── 加茂さんはウルフルズや氣志團、フジファブリックなどを発掘したことで知られる方ですよね。

寺嶋:当時、たまたまアイドルのプロデュースに興味を持ち始めていた加茂さんから、「一緒にやりませんか」と言っていただきました。夏に出会って、もう秋にはライブに出ることになり、曲も作っていただき……。

── 気づけばソロアイドルとして走り始めていた、みたいな。

寺嶋:そうなんです。



── というスタートから今に至るまで、ご自身で感じている変化はあるのでしょうか。

寺嶋:ソロの面白味とか強みみたいなものを自分自身が楽しめるようになってきたな、ということは感じています。正直言うと、最初は周りのみんなはグループなのに私はひとりでどうしよう、っていう戸惑いがあって。ひとりで1曲を歌いきるのも、ワンステージやりきるのも大変だったんですね。でも、最近はひとりだからこそ好き勝手できるソロの醍醐味がわかってきました。

── すっかりプラスに、ポジティブに捉えられるようになったのですね。逆に、これは変わっていない、ずっと貫いているということは?

寺嶋:オタクを楽しませる、ということですね。アイドルなので当たり前のことではあるんですけど。ここのところ、いろいろなアイドルさんの脱退や卒業、グループの解散が続く中で、私は応援してくださる方たちが不安になってしまうようなことはしたくないし、「いつでもゆっふぃーがいる」っていう安心感を持っていただきたいなって思うんです。

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス