ウィル・バンクヘッド、ビアトリス・ディロン、ルーキッド、マーズ・エイティーナインが出演、2019年初となるC.E主催のパーティがVENTで開催

ツイート

ダンスミュージックシーンと密接にリンクする洋服ブランド、C.Eによる2019年度初のパーティが2019年5月18日(土)に表参道のVENTにて開催が決定した。The Trilogy Tapes主宰のウィル・バンクヘッドをはじめ、本邦初DJとなるべアトリス・ディロン、初来日のルーキッド、そしてマーズ・エイティーナインの4名が出演する。

ウィル・バンクヘッドはシーンの誰もが信頼をおくUKの人気音楽レーベルThe Trilogy Tapesの主宰として知られ、Hinge Fingerの運営もジョーイ・オービソンと共同で行っている。イギリスのインターネットラジオ局、NTSではマンスリープログラムを担当している才人だ。

ベアトリス・ディロンはUKはロンドンを拠点とするアーティスト/ミュージシャン/DJ。前述したThe Trilogy TapesやThe Vinyl Factory、Where To Now?、Hessle Audio、Boomkat Editionsなどより楽曲をリリースするほか、コール・スーパーやカッセム・モッセ、ルパート・クラーヴォーとの共作、多種多様なアーティストの楽曲のリミックスも行っている。NMCの30周年記念ミックスープを2019年3月にリリースしたばかり。

プロデューサー、ミュージシャン、DJ、そしてRezzetteのメンバーであるルーキッドは、アクトレスが主宰するNinja Tune傘下のWerkdiscsから4枚のアルバム、自身のレーベルGlumやMute傘下のLiberation TechnologiesなどからEPをリリースしており、昨年2018年にはRefreshers名義でのEPも発表したばかり。DJとしてウィル・バンクヘッド同様にNTSでマンスリープログラムを担当している。2019年4月26日にはWarpのサブレーベルArcolaより2年ぶりとなるルーキッド名義のEP、Dripをリリースする。

東京を拠点に活動するDJ、コンポーザーであるマーズ・エイティーナインは、2016年にEP「East End Chaos」をリリース。2017年には「Lucid Dream EP」をブリストルを拠点とするレーベルBokeh Versionsからダブプレートとカセットテープの2つのフォーマットでリリース。2018年にはアジアツアーや大型フェスへの出演を経て、Bokeh Versionsから12インチ「End Of The Death」をリリースした。Growing Pains S/S 2018、UNDERCOVER A/W 2019のショーミュージックも担当し、ブリストルのNoods Radioではレジデントを務めている。

一貫性を保ちながらもエクスペリメンタルなラインナップとなった本パーティは、ワールドスタンダードなダンスミュージックを体験できる一夜となるだろう。

<- C.E presents ->

2019年5月18日(土)
表参道VENT
OPEN : 23:00
DOOR : ¥2,500
ADVANCED TICKET:¥1,500 https://jp.residentadvisor.net/events/1250987

■ROOM1
Will Bankhead
Beatrice Dillon
Lukid
Mars89

※VENTでは、20歳未満の方や、写真付身分証明書をお持ちでない方のご入場はお断りさせて頂いております。ご来場の際は、必ず写真付身分証明書をお持ち下さいます様、宜しくお願い致します。尚、サンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。予めご了承下さい。
※Must be 20 or over with Photo ID to enter. Also, sandals are not accepted in any case. Thank you for your cooperation.

◆VENT オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス