【レビュー】2019年の音楽シーンに打って出る1曲が完成。Official髭男dism藤原聡による提供曲で新たな挑戦へ

ツイート

ボーカル2人にパフォーマー3人という典型的なエンタメ系ダンス&ボーカルグループだと思っていたDa-iCEに、「あれ?」というちょっとした違和感のような興味を持ったのは、昨年春のシングル「FAKESHOW」だったと記憶する。性急な四つ打ちのダークなダンスチューン、緊迫感たっぷりのストリングス、攻撃的なツインボーカルの絡みと、“何を信じればいい” “どこもかしこも嘘だらけさ”という皮肉な歌詞。何ですかこれは? その後、作詞を担当した大柴広己に表現の意図を聞いて「なるほど」と思い、イメージを逆手に取ることも楽しんでしまう懐の深いグループかもと思ったのが昨年暮れの事。さらに今年になってボーカル・大野雄大に話を聞き、初ソロ『この道の先に』に込めた、洋楽R&Bやダンスミュージックだけではない70, 80年代の歌謡曲やポップスのルーツと、ついでにスナック通いや釣り好きという普通の30歳振りを確認して、さらに親しみやすさを増した次第。以上、ここまでがDa-iCEのニューシングル「FAKE ME FAKE ME OUT」のレビューへの前提になる。

Da-iCEのニューシングル「FAKE ME FAKE ME OUT」の作詞作曲を手掛けたのは、昨年春にメジャーデビュー曲「ノーダウト」がドラマ『コンフィデンスマンJP』主題歌に大抜擢されて注目を浴びたOfficial髭男dismのピアノ&ボーカル、藤原聡。ちなみに「ふじはら」なので間違えてはいけないが、ここにもう一つ前提があって、筆者はインディーズ時代から彼らのブラックミュージックをルーツとするポップセンスと抜群のメロディの良さに惹かれ、「ノーダウト」でのブレイクを喜んだ一人なので、ここで藤原聡の名前を見ることには一入の感慨がある。しかも、Da-iCEのメンバーもヒゲダンのファンだったようで、ラジオで曲をかけたり、レギュラーラジオのゲストや、イベントで一緒になったりしてきたらしい。そんな縁と愛とが重なって今回の楽曲提供が実現したのだとしたら、「FAKE ME FAKE ME OUT」はなんと幸せな曲だろう。先走って書くと、売れっ子ダンスカンパニー・s**t kingzが振り付けたOfficial Dance Practiceの映像がYouTubeで公開されるやいなや、藤原が速攻でリツイートするなど、どこから見ても相思相愛の様子。仲良きことは美しきかな。




「FAKE ME FAKE ME OUT」は、「おお、バラードで来たか」と思わせるムーディーなエレクトリックピアノとロマンチックなコーラスのイントロから、急転直下の場面転換、いわゆる「サビ始まり」で強力にファンキーなリズムが炸裂するミドルテンポのダンスチューン。キックは四つ打ち、ベースはスラップ、ギターはカッティング、管楽器の音色を使ったフレーズが一体となって有無を言わせず押し寄せる。“その場をさっと見て態度変えて”と、花村想太が歌い出し、“君はイリュージョン僕はコンフュージョン”と大野雄大が歌い継ぐセクションは、音数をぐっと絞って最小限のビートとカッティングでストイックに押し切る。70年代ディスコの骨格、80年代のエレクトロファンクな衣装を、2010年代のダンスミュージックのクリアな音質の上で踊らせる、サウンドクオリティの高さは申し分ない。



花村と大野、二人の4オクターブと称される伸びやかでキレのいい歌のおかげで、サウンドは骨太でファンキーだが聴き心地はあくまでポップ。藤原は「メロディの色気がDa-iCEに絶対似合う」と思ったとコメントを寄せているが、二人の歌の巧さを引き出す確信犯の見事な仕事っぷりだ。タイトルにはまたしても「FAKE」が登場するが、「FAKE OUT」は“トリックで騙す”の意。「FAKE ME OUT」は“私を騙して”ということで、自分を騙し相手に騙され、それでもいいから愛してほしいと訴える、全編通して危険な匂いのする意味深な歌詞が聴きどころ。ある意味「FAKESHOW」以上に過激で挑発的な、Da-iCEのアダルトな男の色気を引き出す1曲。テレビ東京4月クール・ドラマパラビ『癒されたい男』主題歌として、新たなリスナー層を開拓するお膳立てもばっちりだ。



カップリング2曲目には、“新生活を始めるみなさんへの応援歌”として花村とGASHIMA(WHITE JAM)が作詞を手掛け、東建コーポレーション“ホームメイト”CMソングになった軽快なダンス・ポップ・チューン「WELCOME!」。そして通常盤のみ収録の3曲目「一生のお願い」は、作詞を花村とパフォーマー・岩岡徹が、作曲を花村と坂詰美紗子が担当した、dTV×FOD共同製作ドラマ『花にけだもの〜Second Season〜』主題歌になったロマンチックなミドルR&Bバラード。新たな挑戦、心を込めた応援、純粋一途なラブソングと、今のDa-iCEがどんなグループなのか?を音でしっかり納得させる、16枚目にして最強の呼び声高いニューシングル。この後6月には初のベストアルバム、そして過去最大の<Da-iCE BEST TOUR 2019>へと挑む5人にとって切り札になるであろう、大飛躍の可能性をたっぷりと秘めたアイテムの登場だ。

文◎宮本英夫

NEW SINGLE「FAKE ME FAKE ME OUT」

▲初回限定盤 A

▲初回限定盤 B

▲通常盤

2019年4月24日(水)発売
■初回限定盤 A(CD+DVD)
¥1,800(tax in.)/UMCK-7005
[CD]  
01. FAKE ME FAKE ME OUT
02. WELCOME!
[DVD]
01.「FAKE ME FAKE ME OUT」Music Video
02. Making of 「FAKE ME FAKE ME OUT」

■初回限定盤 B(CD+DVD)
¥1,800(tax in.)/UMCK-7006
[CD]
01. FAKE ME FAKE ME OUT
02. WELCOME!
[DVD]
「WELCOME!」Official Video
「WELCOME!」Music Video
Making of「WELCOME!」

■通常盤(CD Only)
¥1,200(tax in.)/UMCK-5669
[CD]
01. FAKE ME FAKE ME OUT
02. WELCOME! 
03. 一生のお願い

[各CDショップ特典]
■B2サイズオリジナルポスター 対象CDショップ(全2種類)
TOWER RECORDS:オリジナルポスターA
HMV全店 及び HMV ONLINE:オリジナルポスターB

■ポストカードカレンダー(2019年5月~10月) 対象CDショップ
amazon.co.jp

■B2サイズポスターカレンダー(2019年5月〜10月) 対象CDショップ
OFFiCiaL FUN CLUB a-i SHOP / Da-iCE OFFICIAL SHOP / mu-moショップ / ユニバーサルミュージックストア / TSUTAYA RECORDS(一部店舗除く) / 新星堂 / WonderGOO
その他全国拠点店

※特典は先着で数に限りがございます。ご予約 / ご購入の際は店舗 / ECサイトにて特典の有無をご確認ください。
※また店舗によって特典の取り扱いのない店舗もございます。
※特典はお買い上げの際にお渡しいたします。

<Da-iCE BEST TOUR 2019>

2019年
6月9日(日)新潟・新潟県民会館
6月15日(土)滋賀・滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 大ホール
6月16日(日)徳島・鳴門市文化会館
6月23日(日)山口・山口市民会館 大ホール
6月28日(金)福岡・福岡サンパレス ホテル&ホール
6月29日(土)福岡・福岡サンパレス ホテル&ホール
6月30日(日)大阪・オリックス劇場
7月6日(土)静岡・静岡市清水文化会館マリナート大ホール
7月7日(日)岐阜・長良川国際会議場 メインホール
7月10日(水)東京・NHKホール
7月14日(日)北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
7月20日(土)愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
7月21日(日)愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
8月11日(日)千葉・森のホール21 大ホール
8月12日(月・祝)千葉・森のホール21 大ホール
8月30日(金)大阪・オリックス劇場
8月31日(土)大阪・オリックス劇場
9月1日(日)石川・北陸電力会館 本多の森ホール
9月7日(土)兵庫・神戸国際会館こくさいホール
9月8日(日)岡山・倉敷市民会館
9月15日(日)鹿児島・鹿児島市民文化ホール第一
9月16日(月・祝)宮崎・宮崎市民文化ホール
9月22日(日)熊本・市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
9月23日(月・祝)長崎・長崎ブリックホール
9月28日(土)香川・レクザムホール
10月5日(土)群馬・ベイシア文化ホール
10月12日(土)広島・広島文化学園HBGホール
10月14日(月・祝)和歌山・和歌山市民会館 大ホール
10月18日(金)神奈川・パシフィコ横浜国立大ホール
10月19日(土)神奈川・パシフィコ横浜国立大ホール
10月22日(火・祝)宮城・仙台サンプラザホール

指定席:¥8,000
※3歳以上有料。3歳未満のお子様はひざ上鑑賞の場合のみ入場無料。

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス