アリアナ・グランデ、ジャスティン・ビーバーと共演

ツイート

アリアナ・グランデが週末(4月21日)行なったコーチェラ・フェスティバル2週目のヘッドライン・パフォーマンスに、ジャスティン・ビーバーがゲスト出演した。街頭や即興でのパフォーマンスはあったが、ジャスティンが大規模なステージに立ち歌うのは約2年ぶりだった。

◆<コーチェラ>画像、動画

2人は、ジャスティンのヒット曲「Sorry」(2015年)をデュエットした。ステージに上がる予定は直前までなかったようで、ジャスティンは「今夜ステージに立つなんて思ってもいなかった」「2年ぶりだからグルーヴを取り戻さないと。動きもね。コーチェラ、ありがとう。アリアナ・グランデ、ありがとう」などと話した。また、「アルバムもすぐだ」と付け加えており、カンバックが近いのではと期待されている。



コーチェラ・フェスティバル史上最年少でヘッドライナーに抜擢されたアリアナ(25歳)は、1週目(4月14日)のパフォーマンスでは、イン・シンクのメンバー、ニッキー・ミナージュ、ディディ、Maseらと共演していた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報