【インタビュー】「俺らってサーカス団みたい」 MADKIDが1stアルバム『CIRCUS』に込めた思い

ツイート


■全員が俯瞰した視点から意見を出し合う

── 新録曲で難しかった曲はありますか?

SHIN:「さよなら…」は難しかったです。

YUKI:同感(笑)。

LIN:この曲ってすごくシンプルなんですよ。だからみんなを悩ませちゃったのかも。

SHIN:音数がすごく少ないバラードだからヴォーカルはしっかりと感情を込めなきゃいけない。けど、僕はこの曲のキーと自分の声域を合わせるのがまず大変で。そういう状況から歌の表現まで意識したので、自分にとっては新しい挑戦になりましたね。

YOU-TA:歌割りも全然思いつかなかった。これまでMADKIDでは意識的にヴォーカルパートを細かく分けてこなかったんですよ。ヴォーカルがころころ変わると歌い手の見せ場が減っちゃうから。でもこの曲では試行錯誤の結果、あえて1小節ごとにパートを分けました。

YUKI:俺はこのバラード曲にUSヒップホップのノリも入れてみたかったんですよ。

▲YUKI

LIN:なのにラッパーの俺がガチめで歌っちゃってるっていう(笑)。しかもコーラスまで自分で録って。

YUKI:そうなんだよ(笑)。だから俺は余計にラップしてアクセントになりたかった。でもこの曲はものすごく拍が取りづらいうえに、俺のパートは四小節しかない。そこでどうやって自分の色を出すか、すごく悩みましたね。普段はあまりやらないんですが、この曲ではあえて言葉を一つずつ置いていくようなラップをしてます。声もオートチューンが綺麗にかかる高さにして。すごく短いパートなのに一番時間がかかった。

YOU-TA:でも「さよなら…」は、これまでで一番エモーショナルな曲だよね。

KAZUKI:うん。アルバムの収録曲は全部好きなんですが、強いていうなら僕はこの曲が一番好き。自分のカラーも出せたと思う。

── タイトル曲の「CIRCUS」はどうでしたか?

YOU-TA:この曲はラップがメインなんです。ヴォーカリストとラッパーが同じグループにいて、しかもポップスをやっている場合、普通は「ヴォーカルがメインでラッパーがサブ」みたいな感じが多い。でもこの曲は逆。ヴォーカルはラップの支え役。このバランスもMADKIDっぽいと思ったので、アルバムのタイトルに曲したんです。

── ヴォーカルとラップのバランスはどのように決めてるんですか?

YUKI:トラックが決まった段階でみんなで話します。

YOU-TA:最初はラップパートだったけど、制作中にヴォーカルパートに入れ替えることもあるし。その辺は曲によってかなり違いますね。

LIN:俺らはみんなそれぞれに個性があるんですけど、基本的には“MADKID”が最優先。だから制作ではみんな結構俯瞰した視点から意見を出し合ってますね。MADKIDとして曲のクオリティを高めることしか意識してないです。

YUKI:突出した誰かがグループを引っ張るのではなく、みんなで意見を出し合って良いものが採用される。あとメンバー全員の個性をそれぞれが把握しているから、いつも建設的なディスカッションになるんですよね。

■メジャーデビュー後、たくさんのスタッフと関わることで少し大人になれた

── メジャーデビューから1stアルバム『CIRCUS』までの活動で、特に印象に残っていることを教えてください。

SHIN:僕は最後にMADKIDに加入しているので、経験するすべてのことが初めてでした。だから本当に一瞬のように過ぎ去ったような1年でしたね。

▲SHIN

YOU-TA:2018年は全国のいろんな場所でリリースイベントをしたり、ライブに出演したりしたんですが、僕は自分の実力不足を痛感させられました。だから今年は「自分がプロである」という意識をさらに強く持って活動したいです。

KAZUKI:でもみんなで日本全国いろんなところに行ったから、単純に一緒にいる時間が前以上に増えたし、そこで絆も深まったよね。

LIN:俺はメジャーデビューしたことかな。インディでやってる時とは、関わる人の数が全然違うんですよね。そしてみんなが想像以上にいろんなことを考えていてくれてるのをすごく実感したんです。俺自身はもともと結構自分本意な人間で(笑)。音楽制作する上で個性はすごく重要だとは思うけど、同時にいろんな人たちが助けてくれることのありがたみも感じなきゃいけないと思いましたね。

YUKI:そうだね。俺やLINは制作に集中すると意外と回りが見えなくなりがちなんだけど、そういう時にスタッフさんやメンバーがいつも軌道修正してくれた。あと関わる人が多くなると単純にいろんな意見が出てくるから、それをまとめるのがすごく難しかった。でもみんなMADKIDを良くするためにいろいろ考えてくれてて。だからみんなの意見も全部受け止めました。昔の俺らはもっと自分勝手だったけど、そういうはものすごく変わりましたね。

▲ALBUM『CIRCUS』TYPE B

── アルバムリリース後にはツアー<MADKID LIVETOUR2019 ‘Circus’>も開催されます。

LIN:ツアーでは毎回新しいことに挑戦したいんです。まだ詳細は決まってないけど、アニメをキッカケに僕らのことを知ってくれた人はもちろん、何度も来てくれてる人も新鮮に楽しめるパフォーマンスをしたいと思ってます。

YOU-TA:今回に限らず、僕らのライヴには、マニアックな音楽好きや、なんならおじいちゃんおばあちゃんにも来てもらいたいよね。それがMADKIDというグループの目標でもあるから。

KAZUKI:僕らは、全員シンガーソングライターでありながら、ラッパーもいてダンスもするグループです。いずれはMADKIDのスタイルが、ひとつのジャンルとして確立されるようなレベルにまで持っていけるようにこれからもがんばって活動していきたいです。

取材・文◎宮崎敬太

  ◆  ◆  ◆

■1st ALBUM『CIRCUS』

4月24日(水)発売
Type-A【CD+DVD】3,500円(税込)COZP-1539~40/
Type-B【CD】2,500円(税込)COCP-40797
※リード曲「FAITH」=※TVアニメ「盾の勇者の成り上がり」第2クールオープニングテーマ

【CD収録内容】
1.CIRCUS
2.Never going back
3.GIANT KILLING
4.COME
5.FAITH
6.OVERAGAIN
7.Summer Time
8.Stuck on U
9.さよなら...
10.出ていってよ
11.RISE

ボーナストラック
RISE English version/FAITH English version/Sing for you/STAY GOLD

【DVD 収録内容】
・MADKID LIVETOUR 2018‘GIANT KILLING’(2018.12.26 SHIBUYA WWW)LIVE 映像(約80分)
・FAITH Music Video
・BEHIND THE SCREEN

■MADKID LIVETOUR2019<Circus>

5月18日(SAT) 17:30開場 18:00開演 福岡 DRUM SON
5月19日(SUN) 17:00開場 17:30開演 大阪 大阪RUIDO
5月25日(SAT) 17:00開場 17:30開演 名古屋 LIVE HALL M.I.D
5月29日(WED) 18:30開場 19:30開演 東京 恵比寿リキッドルーム

全公演共通チケット価格:4000円(税込)  Pコード:138-605
※別途1ドリンク(全公演) ※スタンディング
チケット販売日程:
4月6日(土)チケットぴあ、ローチケにて一般発売
http://w.pia.jp/t/madkid19/
https://l-tike.com/

■MADKID メジャー1stアルバム『CIRCUS』発売記念イベント

※終了分は割愛
※詳細はオフィシャルサイトからご確認ください。
詳細:http://columbia.jp/madkid/

2019/04/23(火) ダイバーシティ東京プラザ2F フェスティバル広場(東京都)
18:30〜

2019/04/24(水) タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」(東京都)
20:00〜

2019/04/25(木) HMVエソラ池袋 店内イベントスペース(東京都)
19:00〜

<MADKID メジャー1stアルバム『CIRCUS』リリース記念! 第2回LINE LIVE公開生放送>
2019/04/26(金) 音のヨーロー堂 イベントスペース(東京都)
19:00〜

2019/04/27(土) タワーレコード福岡パルコ店 店内イベントスペース(福岡県)
14:00〜

2019/04/28(日) イオンモールKYOTO Sakura館4F Kotoホール(京都府)
<第1部>14:00〜 / <第2部>16:00〜

2019/04/29(月) タワーレコード近鉄パッセ店 屋上イベントスペース(愛知県)
13:00〜

2019/04/30(火) イオンモール大高 1Fグリーンコート(愛知県)
12:00〜

2019/05/03(金) イトーヨーカドー錦町店 1F正面イベントスペース(埼玉県)
<第1部>12:00〜 / <第2部>14:00〜

2019/05/03(金) アニメイト秋葉原本館 7Fイベントスペース(東京都)
開場17:30 / 開演18:00

2019/05/05(日) ららぽーと柏の葉本館 2Fセンタープラザ(千葉県)
<第1部>12:00〜 / <第2部>14:00〜

2019/05/06(月) 渋谷マルイ 屋上イベントスペース(東京都)
<第1部>14:00〜 / <第2部>16:00〜

2019/05/11(土) 盛岡駅ビルフェザン 本館1Fパティオ(岩手県)
<第1部>14:00〜 / <第2部>16:00〜

2019/05/12(日) 仙台駅前EBeanS(イービーンズ) 4F杜のガーデンステージ(宮城県)
<第1部>14:00〜 / <第2部>16:00〜

2019/05/26(日) 名古屋パルコ 西館1F正面入口横イベントスペース(愛知県)
<第1部>13:00〜 / <第2部>15:00〜

2019/06/01(土) イオンモール松本 晴庭1Fきらめきコート(長野県)
<第1部>14:00〜 / <第2部>16:00〜

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス