ボイメン、卓真(10-FEET・TAKUMA)提供曲MV公開。監督は品川ヒロシ

ツイート

BOYS AND MENが新曲「頭の中のフィルム」のミュージックビデオをYouTubeにて公開した。

◆「頭の中のフィルム」ミュージックビデオ

10-FEETのTAKUMAが“卓真”名義で書き下ろした同曲は、5月29日にリリースされるニューシングルの表題曲。哀愁感漂うギターリフが印象的なナンバーだ。

ミュージックビデオは“友情”がテーマで、敵に捕らわれたメンバーを迎えに行くボイメンの姿を収めたストーリー仕立ての作品となっている。メンバーが身体を張った喧嘩シーンも含まれており、それぞれの迫真の演技にも注目してみよう。監督を務めたのは品川ヒロシ(品川庄司)。“友情”を熱く歌った同曲の世界観を表現したいという思いから、ボイメンが品川にオファーし今回のタッグが実現したという。映像の最後には品川による遊び心も盛り込まれている。

▲品川ヒロシ(品川庄司)





明日4月25日からは、「頭の中のフィルム」の単曲先行配信およびiTunes Storeでのバンドル予約注文がスタート。5月27日までにバンドル予約をすると、iTunes Store版として制作されたミュージックビデオのメイキング映像がプレゼントされる。

なお「頭の中のフィルム」はメンバーの小林豊主演ドラマ『ミナミの帝王 ZERO』(関西テレビ毎週木曜深夜0:25〜0:55放送)の主題歌に起用されている。


■品川ヒロシ コメント

今回は、ボイメンのみんなが『ドロップ』が好きでしたと言ってくれていたし、
ボイメンと言えば学ランというイメージだったので、
歌詞を聴いて、そこから『不良映画』のようなMVにしました。
メンバーは、マジで朝から晩まで元気で明るくて、体育会系。
いい意味でバカ(笑)。最高に楽しい撮影になりました。
みんな表情が良くて絵になるし、
アクションはダンスをしているから身体能力が高くて無理難題にもこたえてくれる。
メチャクチャ天気が良くて、最後はいい感じの夕日。天候にも恵まれました。
今回は僕にとっても、思い入れの強い作品になりました。
近い将来。名古屋版の『ドロップ』のような映画をボイメンで撮れたらいいなと思いました。

リリース情報

New Single「頭の中のフィルム」
2019年5月29日(水)発売
■初回限定盤A(CD+DVD)
¥1,800(税込) / UICV-9307
[CD]
1. 頭の中のフィルム  
2. ONE WAY   
3. 夢Chu☆毒
[DVD]
頭の中のフィルム -Music Video-
頭の中のフィルム –Making of Music Video–
頭の中のフィルム –Making of Jacket Photos–

■初回限定盤B(CD+32Pブックレット)
¥1,800(税込) / UICV-9308
[CD]
1. 頭の中のフィルム
2. ONE WAY
3. 夢Chu☆毒
4. 頭の中のフィルム –カラオケver.-

■通常盤(CD Only)
¥1,300(税込)/ UICV-5080
[CD]
1. 頭の中のフィルム
2. ONE WAY
3. 夢Chu☆毒
4. 頭の中のフィルム –Instrumental-
5. ONE WAY –Instrumental-
6. 夢Chu☆毒 –Instrumental-

CD購入特典:オリジナルA2ポスター
※一部取り扱いの無い店舗がございますので、ご希望の店舗で特典の有無をご確認ください。
※特典は先着です。数に限りがございますのでお早めにご予約ください。

ライブ情報

・BOYS AND MEN
2020年 アリーナツアー開催予定

・誠
<BOYS AND MEN誠 Zeppツアー2019 ~元気いっぱい全国大冒険~>
2019年
6月13日(木)東京・Zepp Diver City(Tokyo)
7月5日(金)大阪・Zepp Namba
7月19日(金)福岡・Zepp Fukuoka
7月22日(月)愛知・Zepp Nagoya

この記事をツイート

この記事の関連情報